アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

シンガポール航空(SQ)が北京大興空港(PKX)に就航開始(2024年11月から)

シンガポール航空(SQ)が北京大興空港(PKX)に就航開始(2024年11月から)

シンガポール航空(SQ)は、2024/11/11にシンガポール(SIN)と北京大興国際空港(PKX)を結ぶデイリー便を就航すると発表しました。
 
PKXは北京の南部に位置し、高速道路、地下鉄、鉄道を利用した河北省、天津地域へのアクセスが便利な空港です。
 
SQはまた、2024/8/5より、北京首都国際空港(PEK)への運航便数を現在の週18便から週21便に増便します。
 
自分はまだPKXを利用したことがないのでちょっと興味があります。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

北京線の増強

北京大興(PKX)線の航空券は、2024/6/24より順次販売可能となります。
 
シンガポール航空(SQ)によるPKXへの就航は2024/11/11に開始され、ボーイング787-10による以下のスケジュールで運航されます。
 
・SIN-PKX
SQ810 0030 0635 毎日
 
・PKX-SIN
SQ811 0925 1550 毎日
 
PKX線はボーイング787-10の2キャビン、337席で運航されます。
 
ビジネスクラス36席
エコノミークラス301席

PKXについて

北京大興空港(PKX)は北京の南約50kmに位置し、2019年9月に開港しました。
 
この空港は北京首都空港(PEK)の負担を軽減するために設計されました。
 
単一ターミナル空港としては世界最大で、4本の滑走路を持つ100万平方メートルの広さを誇り、年間最大7,500万人の旅客に対応できます。
 
空港は北京の曹橋駅とつながっており、所要時間は約20分。
 
PKXは、3年間の運休を経て、2023年に国際線運航を再開したばかりですが、現在ではクアラルンプール(KUL)、ロンドン・ヒースロー(LHR)、プノンペン(PNH)、アムステルダム(AMS)など、多くの都市を結んでいます。

マイレージで予約すると

PKXはクリスフライヤー特典チャートのゾーン5に分類されます。
 
特典席は2024/6/24に商用予約と一緒に開始されるはずです。
 
特典席を手に入れるベストタイミングは、新しい路線が開設されたときです。

北京首都線も増強

2024/8/5より、シンガポール(SIN) – 北京首都(PEK)間のSQ800および805便は、従来の週4便からデイリー運航となります。
 
・SIN-PEK
SQ800 0110 0715 デイリー
新規
SQ802 0830 1440 毎日
SQ806 1650 2300 毎日
・PEK-SIN
SQ805 0855 1520 毎日
新規
SQ807 1635 2300 毎日
SQ801 0005 0620 毎日
 
SQ800/805便はエアバスA350-900型機で運航されます。
 
SQ802/807便はボーイング777-300ER型機で運航されます。
 
SQ806/801便は2024/8/31までエアバスA350-900で運航され、その後ボーイング787-10に変更される予定です。
 
PKX線と合わせ、SQは2024年11月から北京に週28便を運航することになります。

まとめ

特典の利用も可能になるはずです。
 
まだ提携航空会社では特典航空券の座席はないようですが、一部の航空会社のマイレージプログラムでは開放されるでしょう。
 
PKXはタイミングを見て、一度利用してみようと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)