ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#48(ハイアットプレイス東京ベイ(Hyatt Place Tokyo Bay))

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#48(ハイアットプレイス東京ベイ(Hyatt Place Tokyo Bay))

バンコク(BKK)からのフライトを終え、2019年にオープンした
 
ハイアットプレイス東京ベイ
 
へ宿泊してきました。
 
アップレードはどのくらいだったのか?
 
宿泊記を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

予約

予約は3ヶ月くらい前に行いました。
 
今回は結構安く宿泊できました。
 
年間を通しても、ハイアットプレイスは安めの料金設定ですね。

滞在記

ハイアットプレイス東京ベイは、JR新浦安駅からバスまたはタクシーを利用して行くのが便利です。
 
バスなら、了徳寺大学のバス停で降りると目の前にホテルがあります。

http://www.baycity-bus.co.jp/wp/wp-content/themes/bayc/pdf/tbck-rosenz.pdf
 
タクシーなら5分くらい、JPY1,000くらいで到着です。
 
外観はこんな感じです。



ロビーは、こんな感じ。


ローソンが併設されています。


受付の隣にバーがあります。




今回は、ちょっとアップグレードをしてくれました。
 
グローバリスト特典ということで、ウェルカムドリンクチケットもらいました。

部屋

部屋は、こんな感じです。

ベッドの横に、コンセントがあります。







バスルームです。



部屋の中で、ちょっと語ってみました。

ルーフトップバー

屋上にバーがあります。

せっかくウェルカムドリンクチケットをもらったので、行ってみました。

レストラン

朝食を摂るため朝に行ってみました。

ハイアットプレイスは、メンバーであれば全員無料で朝食が食べられます。



スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
ハイアットプレイス東京ベイのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

とても細かく刻んでありました。
 
バターが多めに入っていたのかな?ペースト状のスクランブルエッグでした。
 
美味しかったです。
 
4 out of 5

ミューズリー

ハイアットプレイス東京ベイには、残念ながらミューズリーはありません。

Wi-Fi speed

接続方法

@Hyatt_WiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

続けて表示される画面で、Connectをクリックします。

以下の画面が表示されたら、接続完了です。

通信速度計測結果


Uploading : 10.29Mbps
Downloading : 2.75Mbps
 
問題なく利用できました。

まとめ


初めて日本にできたハイアットプレイスですが、値段も(ハイアットにしては)手頃で、ハイアットリージェンシー福岡が無くなった今、国内でハイアット修行をするなら一番の候補地となり得る場所です。
 
新浦安駅からちょっと遠いのが難点ですが、その分値段でカバーされていると思います。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー

ライフタイムグローバリストまで、あと

 
915,502ポイント
 
 
また、ハイアットグローバリストにコストを抑えてなることを目的とした会員制クラブ
 
Hyatt Globalist Club
 
を立ち上げましたので併せてご覧ください!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea