ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#65(グランドハイアット イスタンブール スイートグランドキング(Grand Hyatt Istanbul Suite Grand King Room)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#65(グランドハイアット イスタンブール スイートグランドキング(Grand Hyatt Istanbul Suite Grand King Room)

2021年のグローバリスト修行はもう終わりましたが、


ライフタイムグローバリストに少しでも近くため、
 
グランドハイアット イスタンブール
 
に滞在しました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

予約

予約は宿泊の1週間くらい前に行いました。
 
直前でしたが、1泊あたりJPY10,000くらいで宿泊できます。

ホテル概要

グランドハイアット イスタンブールは、タクシムエリアにあるホテルです。
 
イスタンブール空港(IST)バスで向かう場合は、途中でホテルが見えます。
 
バス乗り場から、歩いて3分くらいのところにある、交通の便が良いホテルです。

Screenshotイスタンブール空港(IST)から市内各地へエアポートバス「Havaist」で移動する

イスタンブール空港(IST)から市内各地へエアポートバス「Havaist」で移動する

結構歴史のあるホテルのようです。



地元では有名な日本料理店もあります。

ロビーは、こんな感じ。


11.30にチェックインしたのですが、部屋の準備はできていました。
 
2部屋予約しましたが、どちらもスイートルームにアップグレードしてもらいました。

部屋

アップグレードしてもらった部屋は、こんな感じです。

ウェルカムフルーツなどはありませんでした。

大きな机があると、仕事が捗るのでいいですね。


机の上に置いてあったサニタリーグッズです。



窓から、向かい側のインターコンチネンタルが見えます。

こちらは、ベッドスペース。





こちらの窓からは、リッツ・カールトンが見えます。

傘とアイロンがあります。


スリッパは、こんな感じ。

バスルームです。





歯ブラシはありません。

コップは、紙コップでした。

ラウンジ

ラウンジは残念ながら閉まっていました。
 
ですが、ロビー階の上のスペースをラウンジ代わりに24時間利用できるとのことでした。




夜でしたが、ちょこちょこ人がいました。



また、カクテルタイム(18.00 – 20.00)はロビー階のバーで食べたり飲んだりできます。

ちょっと暗いですが、落ち着いた雰囲気のバーです。


提供されていた軽食は、こんな感じ。












この他に、ホットミールとしてミートボールやスープがありました。



トルコのスパークリングワインをいただきました。


参考価格は、JPY3,000くらいです。

レストラン

朝食をレストランでいただきました。

料理を取り分けてもらうスタイルでしたが、結構充実していました。

トルコの朝食は、たくさんの料理が出されることで有名です(Turkish kahvalti)。


スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
グランドハイアット イスタンブールのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

とろとろの、いわゆるホテルのスクランブルエッグ。
 
味付けはシンプルですが、美味しかったです。
 
 
4 out of 5

クロワッサン

マルセイユのソフィテルで食べたクロワッサンがあまりにも美味しすぎて忘れられず、クロワッサンもホテル毎に食べ比べをすることにしました。

ScreenshotHotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

Hotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

グランドハイアット イスタンブールのクロワッサンは、こんな感じです。

サクサクはちょっと足りないかな、という感じです。
 
肉厚ではありましたが、食感はヨーロッパのものとはちょっと違いました。
 
ほんのり甘かったです。
 
 
3 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
グランドハイアット イスタンブールのミューズリーは、こんな感じです。

甘かったです。
 
粒がはっきりしたものが多く入っていて、フルーツは少なめでした。
 
 
3 out of 5

Wi-Fi speed

接続方法

@Hyatt_WiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

名字と部屋番号を入力します。


以下の画面が表示されれば接続完了です。

通信速度計測結果


Uploading : 26.58Mbps
Downloading : 16.42Mbps
 
問題なく利用できました。

まとめ


今回宿泊した部屋の価格で、これだけのサービスを受けられるのはとてもコストパフォーマンスが良いように思います。
 
個人的には、部屋の机は今回みたいに大きい方がいいですね。
 
「机の大きな部屋にしてくれ」と事前にリクエストしておけば、自動的にスイートになるかな?!
 
また、ラウンジ代わりのバーでいただいたカクテルタイムの食べ物は結構充実していたように思います。
 
トルコのホテルでは徐々に、通常の運用に戻りつつあるようです。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
SONY VLOGCAM
 
iPhone

ライフタイムグローバリストまで、あと

 
869,778ポイント
 
 
また、ハイアットグローバリストにコストを抑えてなることを目的とした会員制クラブ
 
Hyatt Globalist Club
 
を立ち上げましたので併せてご覧ください!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea