ユナイテッド航空(UA)上級会員取得資格条件が改悪(2019/1/1から)

ユナイテッド航空(UA)上級会員取得資格条件が改悪(2019/1/1から)

ユナイテッド航空(UA)の上級会員取得資格条件が2019/1/1から変更となります。
 
毎度のことになってしまっていますが、今回もほとんどが改悪です。
 
UAの上級会員を目指している方はそういらっしゃらないかもしれませんが、その内容をちょっと見てみましょう。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

変更概要

今回の変更はほぼ改悪、少し改善という感じですが、まずは、数少ない改善から行ってみましょう。

預け入れ手荷物許容量の増加

アメリカ国内線をエコノミークラスで搭乗する場合、すべての上級会員が預け入れ手荷物の許容量増加となります。
 
こちらは2018/10/1から既に改善となっていて、70ポンド(約32kg)となりました(以前は、シルバー会員は50ポンド(32kg))。
 
アメリカ<->ヨーロッパ間をエコノミークラスで搭乗する場合、シルバー会員は70ポンド(約32kg)の範囲内で2個まで預けられるようになっています。
 
ゴールド会員以上が
 
・アメリカ<->ヨーロッパ間をエコノミークラスで搭乗する場合
・ビジネスクラスで搭乗するすべてのフライト
 
上記いずれかのフライトを行う場合、70ポンド(約32kg)の範囲内で3個まで預けられるようになっています。
 
続いて、改悪です。

ステータスマイル加算率の減少

2019/1/1から、ブッキングクラス : P(ディスカウントのファーストクラスまたはビジネスクラス)のステータスマイル積算率が、200%から150%へ減少します。
 
ただこれは、UAマイレージに加算した場合のお話で、例えば全日空(NH)では更に低い70%です。

ステータスマイルボーナスの廃止

1K会員(ゴールドの更に上)が受け取ることができた、1Kステータス以上にフライトを重ねた場合、25,000マイルごとにRegional Premier Upgrades (RPU)を2つ獲得する特典が2019/1/1以降廃止となります。
 
その代わり、25,000マイルまたは30区間搭乗達成で(1Kステータスに必要なフライト達成前でも)GPUを1つ獲得できます。
 
Regional Premier Upgradesは、アメリカを中心とした中距離のフライトで利用できる無償アップグレードのチケットです。
 
NRT – GUMでも利用できるようですが、対象路線はこちらをご覧ください。
 
https://www.united.com/web/ja-jp/content/mileageplus/awards/upgrade/default.aspx?POS=JP#regions

まとめ

毎年この季節になると、UAは必ず何かしらの改悪を発表しているような気がします。
 
アメリカ在住の人は更に、必要利用金額が増額(USD15,000)になったりと、なかなか大変なようです。
 
毎年毎年、まぁよくこんなにルールを考えられるなと逆に感心してしまいますが、UAでの上級会員資格取得・維持は難しそうです。
 
そして、アメリカ発の改悪は数年遅れて日本にやってくるでしょう。
 
そのうち、全日空(NH)のマイレージプログラムの上級会員制度にもメスが入ることは間違いないと思っています(今でもじわじわと改悪されてますが)。
 
なので自分は、UAでもNHでもないところで、スターアライアンスの「永久」上級会員を目指します。
 
スーパーフライヤーズカード(SFC)の制度がいつ改悪(廃止)されるかわからないので、今のうちから準備をしておこうと思っています。
 
では、どこの航空会社で永久上級会員を目指すべきなのか。
 
その答えを、2018/11/17(土)に名古屋で開催する
 
永久上級会員セミナー(スターアライアンス編)
 
の中で解説します。
 
SFC制度に不安を持っているあなた、
 
クレジットカードに依存しない永久上級会員になりたいあなた、
 
お申し込みはこちらからどうぞ!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)