ハイアットのキャンペーンで上級会員になった場合、特典はどうなるのか

ハイアットのキャンペーンで上級会員になった場合、特典はどうなるのか

ハイアットは2021年のステータス獲得・維持要件を緩くしました。
 
詳しくはこの場では書きませんが、既存のハイアットグローバリストからすると憂慮するべきことです。
 
一方で、ハイアットで宿泊を重ねると、泊数に応じて特典がもらえるようになっています。
 
この「マイルストーンリワード」は、キャンペーンを利用した場合にはもらえるのでしょうか?
 
特典について少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

マイルストーンリワードについて

ハイアットが用意している泊数に応じた特典ですが、
 
・20泊 : ラウンジアクセス権2つ
・30泊 : ラウンジアクセス権2つ + カテゴリ1から4までのホテル無料宿泊
・40泊 : 5,000ポイントまたはUSD100のギフトカードまたはFIND利用時にUSD100オフ
・50泊 : スイートルーム確約アップグレード権2つ
・60泊 : スイートルーム確約アップグレード権2つ + カテゴリ1から7までのホテル無料宿泊 + マイハイアットコンシェルジュサービス
・70泊から100泊 : 以降10泊毎に、10,000ポイントまたはスイートルーム確約アップグレード権1つ
 
となっています。

特典は泊まらないともらえない

では、上記特典は、キャンペーンによって「嵩増し」された泊数によって付いた実績でももらえるのでしょうか?
 
結論から言ってしまうと、
 
マイルストーンリワードは、ちゃんと泊まらないともらえない
 
ということになります。
 
まぁ、当たり前といえば当たり前なのですが、キャペーンによって例えば60泊の実績が付いたとしても、獲得できるのはグローバリストのステータスだけで、各種特典は付いて来ません。
 
また、マイハイアットコンシェルジュサービスについても、グローバリストになれば付いてくるサービスではありますがあくまで60泊達成した場合にのみ付与される特典です。
 
専用の電話番号を利用しての問い合わせなどは、できません。
 
自分も2021年もグローバリストになることが確定していますが、利用できるのは2021年2月まで。
 
ちゃんと60泊するまでは、コンシェルジュサービスはお預けです。

まとめ

場合によっては、各種特典やコンシェルジュサービスは不要かもしれません。
 
コンシェルジュサービスは平日の日中しか利用できないので、利用できる時間が意外と限られています。
 
 
ハイアットも遂に、ステータスのバラマキ的なことを始めてしまいましたが、「本物」の人はちゃんと60泊してグローバリストになっています。
 
なのでせめて、グローバリストステータスの中でも宿泊実績をチェックし、ちゃんとハイアットにお金を落としている人が優先的にアップグレードされるなど、ホテル側にも考慮を求めたいところですね。
 
2021年は、グローバリストの数が増えることが容易に予想されるので、自分は2021年はアコーホテルズに寄せようかなと考えていますが・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea