ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosで、フィジー・エアウェイズ(FJ)のフライトが予約できるようになりました

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosで、フィジー・エアウェイズ(FJ)のフライトが予約できるようになりました

ここまで4年以上かかりましたが、ようやくブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosを使ってフィジー・エアウェイズ(FJ)のフライトを予約できるようになりました。
 
とても興味深いので、ちょっと紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

経緯

2018年に入り、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が中核・創設メンバーであるワンワールドは、ワンワールド・コネクトを開始しました。
 
フィジー・エアウェイズ(FJ)はワンワールド・コネクトの第1号加盟航空会社でした。

Screenshot

フィジー・エアウェイズ(FJ)が「ワンワールド・コネクト」(Oneworld connect)パートナーに

フィジー・エアウェイズ(FJ)が「ワンワールド・コネクト」(Oneworld connect)パートナーに

ワンワールド・コネクトは、今のところFJのみですが、この制度により、世界中の小規模な航空会社は、正会員になるための複雑なプロセスを経ることなく、ワンワールドと提携することができます。
 
ワンワールド・コネクトに加盟する各航空会社は、少なくとも3社の既存のワンワールド加盟航空会社からスポンサーを受ける必要があります。
 
フィジー・エアウェイズは4社のスポンサーを獲得しています。
 
・ブリティッシュエアウェイズ(BA)
・アメリカン航空(AA)
・キャセイパシフィック航空(CX)
・カンタス航空(QF)
 
スポンサー航空会社のマイレージプログラムを持っていると、
 
・手荷物や乗客のチェックイン
・マイレージの獲得
・マイレージの利用
・ステータスポイントの獲得
・ワンワールド・コネクトメンバーのフライト利用時のラウンジ利用
 
という特典があります。
 
他のワンワールドメンバーの上級会員についてですが、
 
・ワンワールドコネクト・メンバー利用時に優先チェックインカウンターを利用できます
・ワンワールドエメラルドおよびサファイア会員の優先搭乗サービス
 
つまり、BAゴールドまたはシルバーのステータスを持ち、FJを利用する場合、Avios獲得や利用、またラウンジの利用が可能になりますが、日本航空(JL)の上級会員は、これらの特典を受けることはできません。
 
優先搭乗と優先チェックインが受けられるだけです。
 
今後、ワンワールド・コネクトに加盟する航空会社の中には、BAがスポンサーになっていない航空会社も出てくるかもしれません。

FJの就航路線

FJは、結構多くの場所に飛んでいます。
 
FJの路線網はこちらです。
 
http://fijiairways.prod.acquia-sites.com/sites/default/files/2022-06/220224003FA%20Route%20Map.pdf
 
長距離路線には、ロサンゼルス(LAX)、サンフランシスコ(SFO)、香港(HKG)、シンガポール(SIN)、ホノルル(HNL)、東京(HND)、そしてオーストラリアとニュージーランドの多くの都市が含まれています。
 
FJの機材は、新型のエアバス A350と旧型のA330、フィジー国内線用のバイキングDHC-6などです。

FJ路線を予約する

 
例えば、フィジーのナンディ(NAN) – シドニー(SYD)間の往復ビジネスクラスは、4時間40分の旅です。
 
ビジネスクラスの空席は、詳細な調査はしていないですが、エコノミー席は簡単に見つかります。

エアバス A350のビジネスクラスシートは、とても良さそうですですね。

まとめ

FAはあまり日本では馴染みがないかもしれませんが、日本からオーストラリア、ニュージーランドへ行く場合にFJを利用するケースも場合によってはありかなと思います。
 
フィジー、自分はまだ訪れたことがないのでいつかBAのAviosを利用して訪れてみたいと思っています。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA