Business Class Review : 大韓航空(KE) KE704 成田(NRT) – ソウル仁川(ICN) 機内食はヴィーガンミール

Business Class Review : 大韓航空(KE) KE704 成田(NRT) – ソウル仁川(ICN) 機内食はヴィーガンミール

成田(NRT)からソウル仁川(ICN)へ行くのに、大韓航空(KE)に搭乗しました。
 
搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

KE704搭乗記

まずはNRTのターミナル1でチェックインをします。
 
ちなみに、NRTに新しくできたPCRセンターは、3階にあります。

今回は検査をする必要がないのでセンターを横目にチェックインカウンターへ。


今はKALラウンジが空いていないので、JPY2,000分のミールクーポンを渡されました。

チェックインの後はファストレーンへ。


ZIPAIR Tokyo(ZG)の機材を見ることができました。

ラウンジは、2020年4月以降ずっと閉まっているようです。

ラウンジが開いている時の様子は、過去に記事にしてあります。

ScreenshotLounge Review : 成田空港(NRT) KALラウンジ

Lounge Review : 成田空港(NRT) KALラウンジ

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

機材、中の様子

今回の機材は、エアバス A330-300です。

機材番号は、 HL8026
 
2015年から運用されている機材です。

座席

座席は、こんな感じです。



KEのエアバス A330機材は座席配列が2-2-2で、窓側2席の配列はこんな感じで少しずれています。

そして、こんな感じで通路に出られるスペースがあるので、


隣の人に「すみません」と氣を遣う必要がありません。


椅子を調整するボタンと、

USBの電源です。

機内誌と免税の雑誌がおいてありました。

エンタテインメントのリモコン。

邦画は3つくらいで、日本語字幕の付いた中国・韓国映画も結構ありました。
 
足元の広さは、このくらい。

こちらはスリッパです。

アメニティグッズももらいました。

客室乗務員の方は、防護服的なガウンを着ていました。

テレビのモニタです。

機内の安全ビデオは、SuperMとBOAが出演する、なかなかない感じのビデオになってました。

ヘッドフォンはなんと、これ。


座席横に、小物を入れるスペースがあります。

トイレは、こんな感じ。

結構広かったです。


ウェルカムドリンクはありませんでした。
 
その代わり、スカイチームエリートメンバーということで偉い人が挨拶にきてくれました。

食事

今回は予めヴィーガンミール(VGML)をリクエストしておきました。
 
食事、飲み物ともにメニューはないそうです。
 
食事は、こんな感じです。

ICN着

約2時間半で、ICNに着きました。
 
着陸前にも、偉い人の挨拶がありました。
 
残念ながら、機内WiFiの設備はなし。
 
一応フルフラットにもなるシートなので、近距離フライトにしては良い機材が使用されている路線だと思います。
 
この後更に、乗り継ぎフライトがあります。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea