Business Class Review : ヴァージン・オーストラリア(VA) VA845 メルボルン(MEL) – シドニー(SYD)

Business Class Review :  ヴァージン・オーストラリア(VA) VA845 メルボルン(MEL) – シドニー(SYD)

メルボルンからシドニーへ移動する際、今回の旅の目的の一つであるヴァージン・オーストラリア(VA)に搭乗しました。
 
やっと搭乗できたVA, ビジネスクラスのレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

VA845搭乗記

メルボルン空港(MEL)のターミナル3、国内線搭乗カウンターでチェックインを済ませます。


ビジネスクラス搭乗客、VA上級会員、DL上級会員とVS上級会員もプライオリティレーンを利用できます。

セキュリティチェックの前にラウンジがあります。

ScreenshotLounge Review : メルボルン空港(MEL) ヴァージン・オーストラリア(VA) 国内線ラウンジ

Lounge Review : メルボルン空港(MEL) ヴァージン・オーストラリア(VA) 国内線ラウンジ

本当はラウンジ直結のセキュリティレーンがあるのですが、この日は利用できず。
 
一度外に出て、セキュリティレーンへ向かいます。

その後すぐ搭乗ゲートへ向かいます。

座席

今回の機材はボーイング B737-800です。

機材登録番号は、VH-VUP
 
2008年から運用されている、比較的古い機材です。
 
座席は、こんな感じ。

シートには、「Virgin」のロゴが。

座席下に、コンセントがありました。

機内WiFiも無料で使えます。

WiFi接続方法

VirginAustraliaというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

Standardで十分です。

予約番号と座席を入力します。

画面に表示されている数字を入力します。

以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 4.40Mbps
下り 7.31Mbps
 
機内WiFiの割には問題なく、快適に利用できました。

食事

食事はこんな感じです。

国内線の1時間ちょっとのフライトなので、量的には十分だと思います。

SYD着

1時間ちょっとのフライトで、SYDに着きました。

前からずっと気になっていたVAに遂に搭乗できました。
 
MEL – SYD線は、オーストラリア国内線であっても競争が激しい路線ですが、VAのフライトは価格も比較的安め。
 
機内WiFiも利用できるし、ラウンジも悪くないし、ということで、積極的に利用しても良いのではないでしょうか。
 
VAマイレージはSQ, DLなど色々なところに加算できますが自分はもちろん、VSに加算しました 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea