アラスカ航空(AS)のマイレージ最大40%ボーナスセール(2018/4/9まで)

アラスカ航空(AS)のマイレージ最大40%ボーナスセール(2018/4/9まで)

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
アラスカ航空(AS)が、自身のマイレージプログラム’Mileage Plan’のマイルを最大40%オフで購入できるセールを行っています。
(2018/4/9まで)
 
https://track.flexlinkspro.com/a.ashx?foid=1095357.395764&foc=1&fot=9999&fos=1
※会員登録後ログインが必要です
 
日本にはあまり馴染みのないASですが、なぜPARがわざわざ紹介するのでしょう?

AS概要

ASはアメリカワシントン州に本社を置く航空会社で、アメリカ、カナダ、及びメキシコへ40都市以上就航しています。
 
日本には就航していないのですが、日本航空(JL)とコードシェア・マイレージの提携を行っています。

Screenshot日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

更に、ヴァージン・アメリカ(VX)との合併も行い、なかなか勢いのある航空会社です。

セール概要

今回は25% – 40%のボーナス率です。
 
購入するマイレージ数とボーナスマイル数は以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
購入マイレージ数 ボーナスマイレージ 1マイルあたりいくら?
1,000–9,000 miles なし JPY3.2
10,000–19,000 miles 20% JPY2.6
20,000–39,000 miles 30% JPY2.4
40,000 – 60,000 miles 40% JPY2.17

※1USD = JPY112で計算、税抜の価格
 
40%ボーナスの場合で一気に60,000マイル購入するとJPY196,000程で84,000マイル獲得できますが、この84,000マイルで行けるところは例えば、

  • 55,000マイルでアジア – アジアをファーストクラスで往復(CX)
  • 60,000マイルで日本 – ニュージーランド・オーストラリアをビジネスクラスで往復(CX)
  • 70,000マイルで日本 – アメリカ・カナダをエコノミークラスで往復(KE)
  • 85,000マイルで日本 – ヨーロッパをビジネスクラスで往復(CX)(ちょっと足りないけど)
  •  
    などがあります。
     
    ヨーロッパ行きのビジネスクラスにJPY200,000くらいで乗れるのは魅力的なのではないでしょうか。
     
    また、1回に購入できるマイレージ数は60,000マイルですが、何回購入してもOKのようなので、お金さえあれば100万マイル購入することも可能です 🙂

    Screenshotアラスカ航空(AS)のマイレージをより安く購入する方法

    アラスカ航空(AS)のマイレージをより安く購入する方法

    ASのすごいところ

    PARがASに注目している理由としては、上記セールを頻繁に行っている他以下のような理由があります。

    提携航空会社

    ASはどこのアライアンスにも属していない航空会社ですが、その提携会社のユニークさには定評があります。
     
    ASの提携航空会社は、

  • ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
  • カンタス航空(QF)
  • キャセイパシフィック航空(CX)
  • LAN航空(LA)
  • 日本航空(JL)
  • フィンエアー(AY)
  • アメリカン航空(AA)
  • KLMオランダ航空(KL)
  • エールフランス航空(AF)
  • 大韓航空(KE)
  • フィジー・エアウェイズ(FJ)
  • アイスランド航空(FI)
  • 海南航空(HU)
  • シンガポール航空(SQ)
  • Condor(DE)
  • ペンエアー(KS)
  • Ravn Alaska(7H)
  •  
    です。ワンワールド、スカイチームの航空会社が多いですが、かなり独自路線を行っています。

    マイレージが貯まりやすい

    当たり前ですが、提携航空会社搭乗時にASのマイレージ番号を登録するとASのマイレージを貯めることができます。
     
    例えばJLのフライトでASのマイレージを登録した場合、Q, Nといった最下層のブッキングクラスでもJLと同様30%付与されます。

    少ないマイレージでビジネスクラスに乗れる

    チャート中で’Asia -> Europe’を選択するとキャセイパシフィック(CX)が選択できるのですが、こちらの必要マイレージ数は往復で85,000マイル。HKG経由にはなりますが、ストップオーバーも可能なのでなかなかよい数字だと思います。
     
    各フライトに必要なマイレージは、以下のサイトで確認できます。
    https://www.alaskaair.com/content/mileage-plan/use-miles/award-charts
     
    また、2017年1月25日にロンドンヒースロー(LHR) – モントリオール(YUL)線のBAフライト(片道)をASのマイレージを利用してビジネスクラスに乗る場合、
    BAは50,000Avios必要ですが、ASは35,000マイル(AA便利用、1回乗り換え)で済み、50,000マイルでファーストクラスに乗れてしまいます。
     
    更に燃油サーチャージの価格もASの方が安く、

  • BA : GBP332.15 = JPY45,960
  • AS : USD18.10 = JPY2,000
  •  
    という感じで大きな差があります。
     
    更にASの特典航空券は、ストップオーバーが片道でも可能です。
    ※同じ航空会社に限ります
     
    どういうことかというと、例えばCXのビジネスクラスを利用して日本からニューヨーク(JFK)へ行く場合、
     
    日本 – 香港(HKG)に2日滞在 – バンクーバー(YVR)に1週間滞在 – JFK
     
    という旅程が片道で、50,000マイルで済んでしまうんです!
     
    なかなか豪華な旅ですね。
    ※YVR – JFK間はいわゆる以遠権フライトというやつです。
    CXの以遠権フライトについては、こちらをどうぞ

    Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

    キャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

    過去に大改悪があったが・・・

    AS2016年4月から、エミレーツ航空(EK)利用時の必要マイレージ数(ファーストクラス)を片道100,000マイルから180,000マイルに引き上げました。しかも予告なしでいきなり。
     
    こんな酷いことをするASですが、それでもまだ、Mileage Planには利用価値があると思います。
     
    特に、CXのビジネスクラスには絶大な威力を発揮しています。

    更にASを深く知りたいあなたへ

    これだけ魅力的なASマイレージをもっと効率的に、効果的に使うためのセミナーを2017年12月に行いました。
     
    その内容を動画に収録し、ご覧いただけるようになっています。
     
    動画の中でお伝えしている専用のページは随時更新していて、常にASの「今」がわかるようになっています。
     
    ご興味のある方は、こちらよりお申し込みください 🙂

    Screenshot2017年12月開催・セミナー「アラスカ航空(AS)徹底攻略」動画のご案内

    2017年12月開催・セミナー「アラスカ航空(AS)徹底攻略」動画のご案内

    まとめ

    問題は、日本に就航していないASのマイレージをどうやって貯めるかですね^^;
     
    ショッピングモールもあったりするのですが、アメリカのサイトが殆どなのであまり日本人には使い勝手がよくありません。
     
    Mileage Planの有効期間は3年ですが、3年以内にマイレージ数に変動があればさらに3年有効期間が延長されます。実質、無期限ですね。
     
    ASはこういったセールを定期的(少なくとも年1回)に行っているので、その時期にマイレージをコツコツ買い足し、改悪されてしまう前にCXビジネスクラスでヨーロッパ(またはニュージーランド)に行く!というのが自分のプランです。
     
    また、ASはJLフライトを利用してかなり少ないマイレージ数でファーストクラスを楽しむこともできます。
    (最近だいぶ閉ざされていますが)

    Screenshot日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

    日本航空(JL)のファーストクラスで世界半周が70,000マイルでできる航空会社

    JLフライトを楽しむために、ASのマイレージを買い足しておくのもいいかもしれないですね。

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)