Business Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA106 ドバイ(DXB) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A350 Club Suite

Business Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA106  ドバイ(DXB) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A350 Club Suite

ヨーロッパへ行くため、ドバイ(DXB)からロンドンヒースロー(LHR)へブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を利用して向かいました。
 
今回の旅の目的の一つである、BA新機材・エアバス A350のClub Suiteに搭乗しました。
 
機内のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

BA106搭乗記

DXBまでは中国国際航空(CA)を利用してきました。
 
事前にオンラインでチェックインを済ませ、乗り継ぎのためのセキュリティチェックを通過後まっすぐBAラウンジへ向かいます。

ScreenshotLounge Review : ドバイ国際空港(DXB) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジ

Lounge Review : ドバイ国際空港(DXB) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジ

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

BAの「ゾロマスク」が見えて来ました。

座席

今回はもちろん、エアバス A350-1000です。

機材登録番号はG-XWBB
 
2019年9月から運用されている、真新しい機材です。
 
座席は、こんな感じ。

枕は大きくて、ふかふかです。

ちょっと通路が狭い氣もしますが、個室感もあり、以前の「パタン」シートよりは格段に良くなってます。




座席の説明書がありました。




ヘッドフォンはもちろん、ノイズキャンセリングのものです。

足元の広さは、このくらい。

足を乗せるところも、先細りはしておらず広く使えます。
 
モニタは、このくらいの大きさです。

マップの機材も、A350です。

座席の位置は、このディスプレイで細かく調整できます。


座席横に、鏡が着いています。

エンタテインメントシステムのリモコンです。

小物入れの両脇に、ユニバーサル仕様のコンセントとUSBポートがあります。


その横に更にもう一つ、スマートフォンを入れる場所があります。

アメニティグッズは、少し小さなポーチでした。

離陸後、扉を閉めて個室みたいにすることができます。

これが、閉じた状態。

有料ですが、機内WiFiも利用できます。
(今回は利用しませんでしたが)

食事(VGML)

メニューです。


朝食をどれにするか、予め紙に書いて客室乗務員の方に渡します。

離陸後寝る前に、予めリクエストしておいたVGML(ヴィーガンサンドイッチ)をいただきました。

こちらが朝食(ヴィーガンではありません)。

残念ながら、豆乳の用意はありませんでした。

DXB着


7時間半くらいのフライトで、DXBに着きました。
 
到着のシーンを動画に収めました。

今回は早朝に到着するフライトで深夜便だったので、残念ながらウィングレットの美しい曲線は綺麗に撮影できず。
 
LHR到着後、撮ってみました。

次回こそ、綺麗なウィングレットを上空で撮りたいですね!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea