Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK32 ロンドンヒースロー(LHR) – ドバイ(DXB) エアバス A380

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK32 ロンドンヒースロー(LHR) – ドバイ(DXB) エアバス A380

ヴァージン・アトランティック航空(VS)の修行でロンドンヒースロー(LHR)発のフライトに搭乗する予定が、まさかのキャンセル。
 
代わりにエミレーツ航空(EK)のフライトを案内されたのですが、期せずしてLHR発のEKフライトに搭乗しました。
 
搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EK32搭乗記

EKフライトを予約してもらったのはVSの乗り継ぎカウンターだったのですが、搭乗券はEKラウンジで発券してもらいました。

ScreenshotLounge Review : ロンドンヒースロー空港(LHR)ターミナル3 エミレーツ航空(EK)ラウンジ

Lounge Review : ロンドンヒースロー空港(LHR)ターミナル3 エミレーツ航空(EK)ラウンジ

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

機材、中の様子

今回の機材はもちろん、エアバス A380です。

機材番号は、A6-EEG
 
2013年から運用されている機材です。

座席

座席は、こんな感じです。

ミニバーがあります。

ミニバーの隣に、電源があります。

その下に、エンタテインメントシステムのリモコンがあります。

この端末からもエンタテインメントシステムの操作ができます。

モニタの大きさは、このくらい。

ヘッドフォンはノイズキャンセリングです。

足を入れるところは、シートが少しはげかかってました。

窓側の座席名物、大きな荷物入れ。

バーと談笑スペースもあります。



頼むとベッドメイキングもしてくれます。
 
こんな感じになります。

機内WiFiも利用できます。

今回は利用しませんでしたが、ビジネスクラス以上に搭乗すると少し無料で利用できます。

食事

メニューです。


今回は、食事は採りませんでした。

DXB着


7時間ちょっとのフライトで、DXBへ着きました。
 
EKには何回か搭乗していますが、寝ているのに起こされてご飯はどうすると聞かれたり、レモンミントが無かったり…。
 
しかも、レモンミントの代わりにお茶が出てきました。
 
今回のフライトサービスの「押し付け」が目立ち、あんまり快適なフライトではありませんでした。
 
以前も似たようなことがあったので、EKはこんな感じになりつつあるのでしょうか・・・?
 
これなら、同じ中東航空会社のエティハド航空(EY)やカタール航空(QR)の方が好きですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea