Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK323 ソウル仁川(ICN) – ドバイ(DXB) Airbus A380-800

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK323 ソウル仁川(ICN) – ドバイ(DXB) Airbus A380-800

4ヶ月ぶりくらいで、エミレーツ航空(EK)のフライトに搭乗しました。
 
今回はソウル仁川(ICN)からのエアバス A380です。
 
EKフライトのレビューをしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EK323搭乗記

今回は、新千歳(CTS)からICNまで大韓航空(KE)を利用してやってきました。


KEとEKは「Interline Agreement」があるので航空券を別々に購入(いわゆる「別切り」)していたとしても、(乗り継がれる)KEのチェックインカウンターで次のフライト(今回はEK)の情報を伝えればその搭乗券まで(基本的には)発券してくれます。
 
ですが、CTSで
 
・便名
・ブッキングクラス
・搭乗日
 
を伝えてEKの分までスルーチェックインの手続きをお願いしましたが、「次のフライトの情報がない」ということでチェックインできず。
 
別切りの場合には、KE(自社システム : Amadeus)とEK(自社システム : EmQuest)の間でデータのやり取りがうまくいかないこともあります。
 
このスルーチェックインの手続きはあくまでリクエストベースで、今回のようにできないこともあるので注意しましょう。
 
自分は結構片道での航空券を予約・発券する事が多いのですが、スルーチェックインの手続きをする際、DXBから先の予約はどうなっているかスタッフに聞かれたので
 
「CTS – ICN – DXB – LHR – AMS – LHR – NRTを4日間で」

と伝えると、
 
すごいルートですね^^;
 
と呆れられてしまいました。
 
自分にとっては、すごくもなんでもないんですが 😛
 
 
とりあえずCTSからICNへ移動しました(このフライトはエコノミークラスです)。
 
KEが到着するのは、ターミナル2。
 
EKの搭乗ゲートはターミナル1なのですが、ICNについてから入国手続きをせずそのままT2からT1へ行きました。
 
KEフライトを降りた後、案内に従います。

ターミナル間を移動するときは、このゲートを抜ける必要があります。

ゲートでチケットのバーコードをスキャンするか、フライトの番号(数字)を入力するとゲートが開くようになっています。

その後、電車に乗ってT1の乗り継ぎエリアへ行きます。


念のためeチケット控えは印刷しておくとよいでしょう。
 
EKもカタール航空(QR)同様、乗り継ぎデスクではなくゲートでチケットを発券してもらう必要があります。
 
EKの搭乗口はゲート10でしたが、搭乗の3時間前くらいから発券のスタッフがいます。

ゲート10は、A380用のゲートなんでしょう。
(同じくA380で運航されているOZ101便の表示があったので)
 
EKの招待ラウンジですが、アシアナ航空(OZ)のビジネスラウンジを利用することになります。
 
OZラウンジは2つありますが、Eastへ行ったところ入れませんでした。
 
Centralの方に行かないといけないみたいです。
 
時間が来たので、機内に乗り込みます。


右側の2階席用の入り口から乗り込みます。

双発エンジンが見えてきました。

機内の様子を動画に収めてみました。

座席

今回搭乗した機材はもちろん、エアバス A380-800です。

機材登録番号は、A6-EDQです。
 
2011年から利用されている機材のようなのですが、EKが保有しているA380機材の中では古い部類に入ります。
 
座席は、こんな感じです。





各座席にミニバーが用意されています。

ウェルカムドリンクのオレンジジュース。

靴を収納するスペース。


アメニティグッズは、ブルガリとコラボしたものです。



ユニバーサル仕様のコンセントと、USBポートがあります。

ヘッドフォンはもちろん、ノイズキャンセリングです。

シートを調節するボタンの種類は、結構シンプル。

ビジネスクラス後方には、バーもあります。






雑誌も色々置いてあるのですが、機内誌の中に2019年3月現在のA380運航路線が書いてありました。

トイレはこんな感じです。

ペーパータオルじゃなくて本当のタオルでした。

機内WiFi

EKのA380機材では、機内WiFiも利用できます。
 
ビジネスクラス搭乗客は、無料。
 
ステキですね。
(今回は利用しませんでしたが)

食事

メニューです。







(ちょっと暗いですが)夜の食事です。



フルーツとチョコレート。



そしてこちらが、朝食です。

朝食の時、こちらが目をつぶっているのにおかまいなしに
 
コーヒーどうですか
 
とか
 
お茶どうですか
 
とか
 
話しかけてくるのはちょっと微妙な感じでした。
 
もう少し、放っておいて欲しかったですね。
 
DNDボタンがあれば良かったんですが・・・。

DXB着


約10時間のフライトで、ドバイ(DXB)に着きました。
 
降りるときはファーストクラスの座席を通って、階段を降ります。
 
煩わしい入出国審査を避け、スムーズに入出国する方法があるのですが、詳しくは
 
エミレーツ航空(EK)徹底攻略セミナー
 
の中でお伝えします。
 
A380は、何度乗ってもいいですね 🙂
 
A380は2021年に生産が終了しますが、これからも、EKだけではなくて違う航空会社のA380を乗り比べてみたいと思います。
 
古めのA380, 新しいA380それぞれに搭乗してみたいですね 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea