エティハド航空(EY)とサウディア(SV)がマイレージの相互提携を開始

エティハド航空(EY)とサウディア(SV)がマイレージの相互提携を開始

中東の航空会社同士が、提携を行うことになりました。
 
アラブ首長国連邦・アブダビのエティハド航空(EY)と、サウジアラビアのサウディア(SV)がマイレージの相互提携・利用の開始を発表しました。
 
使う可能性としては、EYマイレージを利用してのSVフライト、というケースがほとんどだと思うので、EYマイレージにおけるケースを紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

SVフライトでEYマイレージを貯める

獲得できるマイレージ数は、以下の通りです。
 
https://www.etihadguest.com/en/earn-miles/flying/saudia.html
 
SV搭乗で、EYのステータスマイル、ステータスセグメントが加算されます。

EYマイレージでSVフライトを予約する

EYマイレージにおいてSVフライトを予約する場合、移動距離に応じて必要マイレージ数が変わってきます。
 
必要マイレージ数は、こちら。
 
https://www.etihadguest.com/en/spend-miles/flying/saudia.html
SVはアジアのいくつかの都市にも就航しています。
 
例えば、マニラ(MNL)からジッダ(JED)乗り継ぎでロンドン(LHR)へ行く場合、必要マイレージ数は
 
MNL – JED : 5,348マイル
JED – LHR : 2,951マイル
 
の合計8,299マイル必要となります。
 
移動距離が6,000マイルを超えるフライトについてはビジネスクラスで170,000マイルなので、せっかくだから往復をした方がお得ですね。

まとめ

残念ながら、EY/SVの上級会員であってもお互いのラウンジに入ることはできません。
 
もちろんビジネスクラス以上に搭乗すれば、利用できます。
 
SVフライトは路線を選べば、ビジネスクラスでも結構安く購入できるので、EY修行で利用できそうな感じです。
 
FlyingBlue修行との兼ね合いかなぁ・・・。

Screenshotエティハド航空(EY)徹底攻略セミナーのご案内

エティハド航空(EY)徹底攻略セミナーのご案内

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea