ニュージーランド航空(NZ)がソウル仁川(ICN)へ再就航

ニュージーランド航空(NZ)がソウル仁川(ICN)へ再就航

黒くてかっこいい機材が特徴のニュージーランド航空(NZ)ですが、2019/11/23からソウル仁川(ICN)へ就航することになりました。
 
1998年以来の再就航となりますが、個人的にはとても期待したい路線なので紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

東アジア6都市目

今回NZが発表したICN就航で、東アジアへの路線が6路線となります。
 
2019年4月現在、オークランド(AKL)から就航している東アジアの空港は
 
・羽田(HND)
・成田(NRT)
・台北(TPE)
・上海(PVG)
・香港(HKG)
 
です。
 
当初は週3便の運航となりますが、2020年2月から週5便の運航となります。

便名と時間

就航するのはボーイング B787-9で、便名と出発時間は
 
NZ75 : AKL – ICN PM12.00 -> 19.55
NZ76 : ICN – AKL 21.45 -> PM12.55(+1)
 
となります。
 
ICN発が夜なので、ICN発のチケットを予約したとしても当日のうちに別便でICNに移動することが比較的容易にできますね。

航空券の価格はいくらなのか

就航日当日(2019/11/23)の料金を調べて見ましたが、
 
・エコノミークラス : JPY130,000くらい
・ビジネスクラス : JPY360,000くらい
 
となっており、やや高めの料金設定です。
 
同じ路線は大韓航空(KE)も就航していますが、同じ直行便でもKEの方が15%程度安く設定されています。

特典航空券は?

ICN – AKL間のフライトを特典航空券で予約、特にビジネスクラスの座席を獲得するのはなかなか至難の技です。
 
NZは提携航空会社向けの特典航空券座席を極端に絞っているので、空いていたら即予約くらいの姿勢でなければいけません。
 
ちなみに、ICN – AKLをユナイテッド航空(UA)のマイレージを利用して予約する際の必要マイレージ数は、
 
・エコノミークラス : 30,000マイル
・ビジネスクラス : 55,000マイル
 
となります。
 
少し調べてみましたが、さすがに就航日当日のフライトは空きがありませんでした。
 
もう少し後でエコノミークラスであれば、まだ空きがあるようです。

10時間を超える長距離フライトをエコノミークラスで搭乗するのは、とても大変ですが・・・。

まとめ

NZのビジネスクラスはとても高いイメージがあるので何とか特典航空券で搭乗したいところですが、前述の通りNZビジネスクラスはなかなか予約ができません。
 
それでも、東アジアで6空港、シンガポール(SIN)を含めると7空港でNZビジネスクラス予約ができるチャンスがある訳ですから、何とかしてビジネスクラスに搭乗したいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea