カタール航空(QR)の新しいビジネスクラス運賃

カタール航空(QR)の新しいビジネスクラス運賃

カタール航空(QR)は近年、ビジネスクラスの運賃体系を少しずつ変更しています。
 
以前は、ビジネスクラスの予約クラスによって、ドーハ(DOH)のQRラウンジの制限を設けたりしました。
(2021年9月現在、DOHのラウンジはアルムルジャンラウンジしか空いていないので、結局利用できるわけですが)
 
2021/10/1からはまた新たな変更がありました。
 
その内容をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

QRの新しいビジネスクラス運賃

QRのビジネスクラスが素敵なものであることは、以前からお伝えしています。
 
QRはワンワールドメンバーなので、QRを利用すると、他のワンワールドメンバーのマイレージを獲得できます。
  
QRが提供するビジネスクラスの最安値は、「R」クラスでした。
 
2020年、カタール航空はこれらの運賃からラウンジアクセスを削除しました。
 
「R」は現在「P」に変更されています。
 
これは、QRのセール運賃を予約した場合に利用される予約クラスです。
 
そして、従前の「R」クラスにはラウンジアクセスが付与されるようになりました。
 
新しい「ライト」の「P」クラスと、高い「クラシック」の「R」運賃の価格差は大きくありません。
 
以下は、QRビジネスクラスの新しい運賃クラスの仕組みを示した表です。

いくつかのポイントを紹介します。
 
・新しい「ライト」運賃では、受託手荷物が無料となります
・ワンワールドの上級会員でない場合、座席指定は有料となります
・ドーハ(DOH)にある(QR)のアルムルジャンラウンジは利用できません
・払い戻しと日付変更は、有料で可能です
 
そして、マイレージの加算率は75%になっています。
 
ビジネスクラスの「ライト」運賃としては、それほど悪くはないと思います。
 
確かに、ラウンジは利用できません。
 
ですが、手数料を支払えば航空券の払い戻しも可能です。
 
DOHでのラウンジも、有償で利用が可能なので、修行としてQRを利用する場合、または、より安く移動をしたい場合は、予約クラスは「P」で予約しても良いのではないかと思います。

アップグレードのためにもっとお金を払うべきなのか?
では、クラシック「R」の航空券に多少の追加料金を支払う価値があるかどうかを見てみましょう。
 
「R」クラスで予約すると、
 
・DOHのアルムルジャンラウンジを利用できます
・125%の加算率でマイレージを獲得できます
・変更手数料を支払うことなく、旅行日や目的地を1回だけ変更することができます
 
ブッキングクラス「P」と「R」の差は、平均するとJPY27,000くらい。
 
ラウンジ利用と追加のマイレージのために、この金額を払う価値があるのかどうか。
 
このご時世、目的地へ急に入れなくなるということも十分考えられるので、目的地の変更が無料でできるオプションは魅力的です。
 
ある種の保険ですね。

まとめ

最近QRは、エアバス A380の運航を再開すると発表しました。
 
既存のA350機材に、胴体の劣化が見つかったので急遽、その穴を埋めるためにA380の再登板を決定したようです。
 
A380で飲むレモンミントの味は、また格別でしょう。
 
こちらも密かに狙っているので、BA修行でうまく調整してみようと思います。
 
幸い、今回のビジネスクラス運賃はBAのステータス維持を目指す自分にとっては、追い風になる「改善」でしかないので・・・ 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA