アメリカン航空(AA)のマイレージをお得に使おう

アメリカン航空(AA)のマイレージをお得に使おう

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
アメリカン航空(AA)のお得なマイレージの使い方は日本でも一部有名になっていますが、今回はそれ以外のお得な路線も含めて紹介したいと思います。

CXフライトでのバンクーバー(YVR) – ニューヨーク(JFK)

このYVR – JFK線は、キャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライトになっています。

Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

キャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

必要マイレージ数は、ファーストクラス片道が55,000マイル、ビジネスクラス片道が30,000マイルです。
 
必ずしもお得とは言えませんが、CXの以遠権フライトをファーストクラスで体験してみたい方、いかがでしょうか^^;

LAフライトでのアメリカ – 南米

LATAM航空(LA)での南米路線ですが、(場所によって異なりますが)ビジネスクラスが片道30,000 – 57,500マイルです。
 
例えば片道30,000マイルで行けることころは、アメリカからペルー、ボリビア、コロンビア、エクアドル、ブラジルのマナウス(MAO)です。
 
57,500マイルでは、例えばロサンゼルス(LAX)からサンチアゴ(SCL)へ行くことができます。

EYフライトでの日本 – アブダビ(AUH)ファーストクラス

AAはエティハド航空(EY)と提携を行っているのですが、この区間の必要マイレージ数が異常に少なくなっています。
 
ファーストクラス片道がなんと、50,000マイル。
 
ビジネスクラスでも、片道40,000マイルです。
 
日本でも有名な’Sweet spot’です 🙂
 
これこそAAマイレージの醍醐味と言っていいでしょう。
 
日本発着のEYファーストクラスはA380ではありませんが、豪華なサービスで知られるEYのファーストクラスを破格のマイレージ数で体験することができます。
 
なお、EYを利用してドバイへも行くことができますが、AUHからドバイまではバスでの移動になります。
 
ちなみに、ドバイのバスターミナルにも’XNB’という空港コードがあり、ここまで行くことも可能です。

JLフライトでの日本 – 北米

評判のよい日本航空(JL)のファーストクラスを、片道80,000マイルで体験することができます。
 
例えば、NRT – JFKとか、NRT – LAXとか、NRT – ORDとかです。
 
JLのファーストクラスは世界的に評価を受けている座席なので、この路線に搭乗することを目標にAAマイレージを貯めるのもいいかもしれません。

QRフライトでの日本 – ドーハ(DOH)

カタール航空(QR)も、機材やサービスが良いことで知られています。
 
カタールも’Middle East’のゾーンに入るので、上記EYと同様、
 
ファーストクラス片道 : 50,000マイル
 
ビジネスクラス片道 : 40,000マイル
 
で搭乗することができます。

LATAMグループのフライトによる南米各国の国内線

LATAMチリ航空(LA)やLATAMブラジル航空(JJ)などのLATAMグループのフライトを利用して、南米各国の国内線が以下のように少ないマイレージ数で搭乗できます。
 
・ブラジル : 片道7,500マイル 
・アルゼンチン : 片道6,000マイル
・チリ : 片道6,000マイル
・コロンビア : 片道6,000マイル
・ペルー : 片道6,000マイル
・エクアドル : 片道5,000マイル
 
南米は行ったことがありませんが、いつかマイレージを使って行ってみたいです。AAマイレージではありませんが^^;

FJフライトでのフィジー国内線

AAはフィジー・エアウェイズ(FJ)と独自に提携を行っています。
 
フィジー国内は、このFJのみが運航しているような状況なので、価格競争の原理が働かず国内線でもあまり安くはありません。
 
そんな時に、AAのマイレージが役に立つかもしれません。
 
エコノミークラス片道が5,000マイル、ビジネスクラスが片道10,000マイルです。
 
首都のナンディー(NAN)からフィジーの各島、例えばラバサ(LBS)へ行く場合に、5,000マイルの特典航空券を使いましょう。

QFフライトでのオーストラリア – ニュージーランド

カンタス航空(QF)を利用して、オーストラリアからニュージーランドへエコノミークラス片道15,000マイルで搭乗できます。
 
オーストラリア西側のパース(PER)からオークランド(AKL)へ行くのも、同じく片道15,000マイルです。 

まとめ

自分はAAマイラーではないのであまり意識していませんでしたが、調べてみると(方面によっては)なかなか使いどころがありそうなマイレージプログラムですね。
 
特に、北米や中東によく旅をされる方にとっては、AAマイレージは必須のプログラムなのかもしれません。
 
最近米系航空会社はマイレージプログラムを改悪する流れにあるので、米系航空会社のマイレージは使えるうちに使っておいた方がよい(特にEYのファーストクラスとか)、という印象です。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)