ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のエアバス A380はまだ生きています

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のエアバス A380はまだ生きています

世界的に、エアバス A380が姿を消しつつあります。
 
エールフランス航空(AF)はとうの昔に全機退役を発表し、エティハド航空(EY)も存続がかなり危うい状況。
 
全日空(NH)も、遊覧フライトでわずかに利用されているだけです。
 
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のA380機材も現在利用されていませんが、まだ退役の発表はありません。
 
むしろ、復活のプランまで出ています。
 
ちょっと希望が持てるBAの発表を深掘りしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

CEOのお言葉

BAのCEOはThe Independentのインタビューで

A380は現在飛行していませんが、将来的な航空会社の再建計画の中には含まれています

と答えています。
 
その時期は2023年から2024年になると予想されており、その時に航空需要が2019のレベルに戻ることが前提となっているようです。
 
今はリモートで仕事をすることが多くなっていますが、BAの調査によると在宅勤務やリモートワークに飽きているという結果が出ているそうです。
 
確かに自分も、コミュニケーションを取るならメールより電話、電話より実際に会いたい、と思っているので、「リモート」と「直接会う」の間には大きな壁があると思っています。
 
オンラインでは伝わらない空氣感を、大事にしています。
 
なので、「直接顔を合わせて話ができるということは、これからの時代に必要なこと」というBAのCEOの発言は、至極当然のことだと思います。

BAのA380は、「クラブスイート」にアップグレードされるのか?

それでは、将来A380が復活したとして、BAが今進めている新しいシート「クラブスイート」になる可能性はあるのでしょうか?
 
残念ながら現時点では、新しいシートに変更する意向があるかどうかは定かではありません。
 
自分は一度搭乗したことがありますが、とても素敵なものでした。

ScreenshotBusiness Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA106 ドバイ(DXB) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A350 Club Suite

Business Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA106 ドバイ(DXB) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A350 Club Suite

2019年頃までは、2023年から2025年にかけてシートのアップグレードが行われる計画がありましたが・・・。

まとめ

BAのA380路線は、これまでシンガポール(SIN)、香港(HKG)、ヨハネスブルグ(JNB)の他、ロサンゼルス(LAX)、サンフランシスコ(SFO)、シカゴ(ORD)、ボストン(BOS)、ワシントン(IAD)、バンクーバー(YVR)などの北米の都市に就航していました。
 
復活したらぜひまた搭乗したいと思っていますが、まぁ、もし今のまま戻ってきたとしても座席はお見合い座席で、ファーストクラスも「世界最高のビジネスクラス」であることに変わりはないのですが・・・^^;

ScreenshotBusiness Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA11 ロンドンヒースロー(LHR) – シンガポール(SIN) エアバス A380

Business Class Review :ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA11 ロンドンヒースロー(LHR) – シンガポール(SIN) エアバス A380

難しいかもしれませんが、機内のシートも一新して復活してほしいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea