ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の提携航空会社特典航空券予約が改悪へ

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の提携航空会社特典航空券予約が改悪へ

近距離のフライトにおいて特に強みを発揮するブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosに、改悪のメスが入るようです。
 
2019/5/30以降、提携航空会社のフライトを予約する際の必要コストが増加することになります。
  
自分も含めて影響を受ける方が多いと予想するので、ちょっと紹介したいと思います。
 
AviosハンターのPAR@Seasoned Travellerです。

詳細はまだ明らかになっていない

先日BAからメールがきて、
 
Aviosの提携航空会社向け予約が変わります
 
的な内容だったので気になって詳細を見てみましたが、2019/5/1現在改悪詳細はわかっていません。
 
提携航空会社、というのは
 
・アラスカ航空(AS)
・エールイタリ(IG)
・アメリカン航空(AAirlines)
・キャセイパシフィック航空(CX)
・フィンエアー(AY)
・JAL(JL)
・LATAM航空(LA)
・マレーシア航空(MH)
・カンタス航空(QF)
・カタール航空(QR)
・S7航空(S7)
・スリランカ航空(UL)
・ロイヤルヨルダン航空(RJ)
 
となっていて、IAGグループ以外の全ての航空会社となります。
 
今までお得に利用できていたJALフライトも、もう4,500Aviosで気軽にフライトができなくなりそうです。
 
過去の投稿で、Aviosを利用して提携航空会社のフライトを予約する際の必要Avios数をまとめています。

Screenshotブリティッシュ・エアウェイズ(BA) / イベリア航空(IB)の特典航空券はどのくらい必要?距離別必要Avios数まとめ

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) / イベリア航空(IB)の特典航空券はどのくらい必要?距離別必要Avios数まとめ

噂によると、近距離の必要Avios数は以下のようになるそうです。
 
・移動距離0 – 650マイル : 6,000Avios
・移動距離651 – 1,150マイル : 9,000Avios
・移動距離1,151 – 2,000マイル : 11,000Avios
・移動距離2,001 – 3,000マイル : 13,000Avios
 
まだこの数字も確定ではありませんが、特に日本国内をJLで移動する際に打撃を受けそうです。
 
更にBA公式サイトでは、羽田(HND) – 福岡(FUK)のフライトで、税金がJPY700程度多くかかるようなことも書いてありました。
 
https://www.britishairways.com/ja-jp/executive-club/news/air-partner-changes?

まとめ

世の中の流れ的に必要マイレージ数が増加傾向にあるのでBAもそれに倣ったと言えばそれまでなんですが、日本国内線のフライトや日本 – HKGのフライトの必要Avios数が多くなってしまうのはとても残念なことです。
 
一方で、最近自分はAviosを別な場面で使うようにしているのですが、それはBA Lifetime Gold Membership Clubの中でお伝えしています。
 
クラブの中でお伝えしている内容を実践すれば、今回の改悪も影響を受けずにお得な使い方ができます 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea