ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、カタール航空(QR)のエアバス A380機材が帰ってくる!

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、カタール航空(QR)のエアバス A380機材が帰ってくる!

エアバス A380機材がどんどん姿を消す中、一部の航空会社では待機させておき、需要が戻ったときに備えていました。
 
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)もその一つ。
 
先日、BAのA380機材はまだ生きていることを記事にしましたが、

Screenshot

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のエアバス A380はまだ生きています

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のエアバス A380はまだ生きています

ここに来てようやく、A380機材復活の発表が。
 
少し前に、カタール航空(QR)もA350機材が現在使えないという理由でA380機材の復活を発表。
 
早速、路線などを調べててみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

BAのA380

BAのA380復帰は2021/11/8からの予定です。
 
まずは数週間、ヨーロッパ内の近場で慣らしてから中長距離へと戻っていきます。
 
その近場とは、
 
・フランクフルト(FRA)
・マドリード(MAD)
 
です。
 
2021/9/5現在、機材の反映はされていませんがFRA線が午前中、MAD線が午後のフライトになる予定です。
 
その後12月から、
 
・マイアミ(MIA)
・ドバイ(DXB)
・ダラス(DFW)
・ロサンゼルス(LAX)
 
の路線で運航予定となっています。
 
ドバイ線は至急調整したいですね。
 
できればファーストクラスで 🙂
 
MAD繋がりで言うと、イベリア航空(IB)もMAD – LHRの間をエアバス A350機材で運航しています。
 
これはこれで、乗りたいですね。

QRのA380

QRのA380復帰は2021/12/15から。
 
・ロンドンヒースロー(LHR)
・パリシャルル・ド・ゴール(CDG)
 
の路線で運航予定です。
 
こちらは、QR公式サイトで機材が確認できました。
 
ただ、QRファーストクラスは残念ながら予約ができないようでした。

まとめ

両社のA380、できれば早めに、BA修行と絡めて搭乗したいと思っています。
 
 
A380の何がいいの?と言われても、はっきりとは答えられません。
 
全日空(NH)のA380だって、設備は前近代的で、装備だけで言ったらエアバス A350やボーイングのB787-10とかの方が新しいものを備えています。
 
機内WiFiだって付いています。
 
ですが、なぜか「2階建て」というところに魅力を感じてしまうんですね。
 
階段を上がる時の高揚感というか、なんというか。
 
機内のバーラウンジも、ステキですよね。
 
WiFiが無い分、A380にはこう言った設備があります。
 
同じ理由で、ボーイング B747機材も搭乗したいと思っています。
 
搭乗できそうな現実的なところでいうと、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)なのですが、LHか・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA