Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF551(カイロ(CAI) – パリシャルルドゴール(CDG)) エアバス A350

Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF551(カイロ(CAI) – パリシャルルドゴール(CDG)) エアバス A350

カイロ(CAI)からパリ(CDG)へ乗り継ぐ際、エールフランス航空(AF)のビジネスクラスに搭乗しました。
 
今回は待ち焦がれた、エアバス A350機材です。
 
機内のレビューをしたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AF551搭乗記

イスタンブールからカイロ(CAI)へ来て、パリ(CDG)へと乗り継ぐフライト。
 
乗り継ぎはちょっと大変でしたがラウンジに滞在して、ようやくフライトです。

Screenshot

Lounge Review : カイロ空港(CAI)ターミナル2 アレイン・プレミアムラウンジ(AHLEIN PREMIUM LOUNGE)

Lounge Review : カイロ空港(CAI)ターミナル2 アレイン・プレミアムラウンジ(AHLEIN PREMIUM LOUNGE)

前回は機材変更がありましたが、今回はちゃんと予定通りA350です。
 
直前まで、アプリで機材が変わっていないことをチェックしてました・・・。
 
ラウンジを出て、ようやく見ることができたA350。

座席

今回の機材は、待ち焦がれたエアバス A350-900。

機材登録番号は、F-HTYE
 
2020年6月から運用されている、新しい機材です。
 
ビジネスクラスの座席は、こんな感じ。

嬉しさのあまり自撮りをしてしまいました。

シートですが、1-2-1の配列です。





偶数席の入り口は、ちょっと狭いですかね。



AF名物、座席シートを表示できるハンガー。


座席を調節するボタンはシンプルです。

小物入れと、

ライト、客室乗務員の方を呼ぶボタン。

足元の広さは、このくらいです。

エンタテインメントのリモコンは、親指でポインタをグリグリ操作するタイプのものです。

先端に、目的地までの残り時間が表示されます。
 
電源もあります。


鏡も付いています。

ノイズキャンセリングのヘッドホンです。

ウェルカムドリンクで、シャンパンをいただいてみました。

参考価格は、こんな感じです。

アメニティグッズです。

モニタの大きさは、このくらい。

日本語の映画もそこそこありました。

照明を青(白)赤にして、フランスの国旗(tricolore)を模すなんて、そんなオシャレなことを誰が思いついたんでしょう。


トイレはこんな感じです。


オシャレ紙コップが置いてありました。


偉い人の挨拶は、今回はありませんでした。
 
ビジネスクラスはFlying Blueプラチナだらけだったので、敢えてしなかったのかもしれませんね。

搭乗から離陸・着陸まで、動画に収めてみました。
 
フランス語会話、A350のエンジン音をお楽しみください 🙂

機内WiFi

機内WiFiもありますが、今回は利用しませんでした。

食事(VGML)


飲み物のメニューです。






予めリクエストしておいたヴィーガンミールは、こんな感じです。

食後に、ポートワインをいただいてみました。


参考価格です。

シャンパン、白ワイン

シャンパンと白ワインのメニューはこんな感じです。


それぞれの参考価格は、こんな感じ。

CDG着


幸せな時間は4時間でおしまい。
 
CDGに着きました。
 
最後、沖どめだったので機材を間近で見れるという絶景に出会いました。




AFのA350、とてもステキでした。
 
これは中毒になりますね 😛
 
もうちょっと長い時間乗っていられる良さげな路線を見つけて、また必ず乗りたいと思います!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA