アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

Business Class Review : 中国国際航空(CA) CA123 北京首都(PEK) – ソウル仁川(ICN)

Business Class Review : 中国国際航空(CA) CA123 北京首都(PEK) – ソウル仁川(ICN)

ニュージーランド・オーストラリアから日本へ戻るため、北京首都(PEK)からソウル仁川(ICN)へ中国国際航空(CA)を久しぶりに利用して向かいました。
 
機内のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。
[toc]

CA123搭乗記

今回はシドニー(SYD)からの乗り継ぎです。

Screenshot

Business Class Review : 中国国際航空(CA) CA174 シドニー(SYD) – 北京首都(PEK)

Business Class Review : 中国国際航空(CA) CA174 シドニー(SYD) – 北京首都(PEK)

乗り継ぎは、次のフライト(CA)の搭乗券があれば、入国せずにセキュリティチェックを済ませるだけでOKです。
 
ただ、セキュリティチェックのレーンが2つしかないので、フライトが重なった時は結構待たされるかも。
 
例によって、傘とカメラもカバンの中から出さなければいけません。
 
セキュリティチェック通過後、CAのラウンジへ。

Screenshot

Lounge Review : 北京首都空港(PEK) 中国国際航空(CA)ファーストクラスラウンジ

Lounge Review : 北京首都空港(PEK) 中国国際航空(CA)ファーストクラスラウンジ

ビジネスクラス利用でも、ファーストクラスラウンジに入ることができます。
 
時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

座席

今回はエアバス A321です。

機材登録番号は、B-1876
2014年より運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。


フェニックスのデザインが刺繍されています。

2-2の配列です。
 
足元の広さは、このくらい。

座席の調節は、レバーで行います。

搭乗後すぐ、ミックスナッツが配られました。

座席の位置を調節するパネル。

座席の位置は細かく調整できます。
 
エンタテインメントシステムのリモコンも、時代を感じます。

このボタンを押してモニタを押し出すのですが、

あまりに硬くて押し出せませんでした。
 
本当は、こんな感じで出てくるのですが・・・。

ユニバーサル仕様のコンセントがあります。

ウェルカムドリンクとして、トマトとにんじんの味がするジュースをいただきました。

ヘッドフォンは、ノイズキャンセリングのものではありません。

離陸時、B747機材が見えました。

中国国内線で運用されているようです。

食事

1時間半のフライトですが、食事が出ます。
 
食事は、メニューはなく口頭で説明を受け、選ぶスタイルでした。
 
ChineseかWesternを選べと言われたので、Chineseを選択。

シャンパンもいただきました。

参考価格は、こんな感じ。

ICN着


1時間半くらいのフライトで、ICNに着きました。
 
全体的に可もなく不可もなく、という感じですがちょっと特徴的なサービスとして、スリッパの袋をとって出してくれます。
 
ICN到着後はセキュリティチェックを終え、さらに乗り継ぎを行います。
 
乗り継ぎフライトまでの間、辛ラーメンがあるラウンジへ行きます。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)