Business Class Review : JAL(JL) JL877(NRT – PVG)

Business Class Review : JAL(JL) JL877(NRT – PVG)

成田(NRT)から上海(PVG)まで、日本航空(JL)に搭乗しました。
 
今回はPVG発のカタール航空(QR)フライトに搭乗するためのフライトです。
 
ビジネスクラスレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

JL877搭乗記

チェックインは、いつものファーストクラスカウンターです。

別切りでの予約でしたが、DOHまでのチケットまで発券してくれました。
 
JLとQRはワンワールドメンバー同士ですが、基本的にワンワールドはチェックインや荷物のスルーは行いません。
 
ですが、JLとQRが独自に提携をしているのでこういうことができます。
 
これを、
 
Interline agreement
 
と言います。
 
出国審査後は、JALファーストクラスラウンジへ。

ScreenshotLounge Review : JAL(JL) 成田空港(NRT)本館 ファーストクラスラウンジ

Lounge Review : JAL(JL) 成田空港(NRT)本館 ファーストクラスラウンジ

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

座席

今回搭乗した機材は、ボーイング B737-800です。

「白いジャケットの人」が挨拶に来てくれました。
 
ワンワールドエメラルドメンバーだからでしょうか。
 
機材登録番号は、JA304J
 
2007年から利用されている機材で、だいぶ古い感じです。
 
座席は、こんな感じです。

2-2の座席配列で、小さめの機材です。
 
エンタテインメントシステムは「MAGIC-IV」でした。
 
リモコンです。

モニタも肘掛から取り出すタイプで、時代を感じます。

座席を調整するボタンです。

ヘッドフォンは、だいぶ簡素なやつです。

食事

食事のメニューです。

食事の前に、おつまみが出ました。

今回は洋食を選んでみました。

食後のアイスクリームもいただいてみました。

お酒は飲みません。

PVG着

3時間ちょっとかかって、上海浦東(PVG)へ着きました。
 
日本の航空会社なので、日本語のテレビ番組が多く用意されていましたが、一部機内誌には載っているけど実際は見れない、というものがありました。
 
見たいものが見れなかったのですが、「深夜食堂」などを見てました 🙂
 
近距離フライトの機材はどうしても古くなりがちで、ビジネスクラスの座席も前近代的なものがほとんどですが、これはしょうがないですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea