Business Class Review : UL226(DXB – CMB)

Business Class Review : UL226(DXB – CMB)

ドバイ出張のフライト、帰りのフライトもスリランカ航空(UL)のジャカルタ(CGK)行きです。
 
まずはドバイ(DXB)からコロンボ(CMB)のフライトです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

UL226搭乗記

ドバイ空港(DXB)ターミナル1で、チェックインをします。


チェックイン時、スタッフが次の乗り換えのフライトの航空券(JAL(JL)フライト)まで自発的にチェックインしてくれました。
 
同じワンワールドだったので予約記録を確認することができるのですが、こういうケースの場合はチェックイン時に荷物もスルーで預けることが可能です。

出国審査で審査官に「アリガトウ」と言われた後、ラウンジのはしごをしてきました。

Screenshot

ドバイ国際空港(DXB) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジのWifiスピードチェック

ドバイ国際空港(DXB) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジのWifiスピードチェック
Screenshot

ドバイ国際空港(DXB) AhlanビジネスクラスラウンジのWifiスピードチェック

ドバイ国際空港(DXB) AhlanビジネスクラスラウンジのWifiスピードチェック

機材、中の様子

今回搭乗した機材は、エアバスのA330-200。

中の様子を、動画に収めました。

座席

前回は1A(左側)だったので、今回は、右側の1Kを指定してみました。

足元の広さは、このくらいです。

今回は、アメニティグッズがケースに入っていました。

行きのフライトではただむきだしになってシートポケットに入っていただけだったのですが、単純に在庫がなかったんでしょうか^^;
 
毛布はこんな感じのものです。

A330-200の機材なので、リモコンは行きのフライトと同様シンプルでグリグリ回すやつです。

食事

ウェルカムドリンクの後、さらにカシューナッツが配られます。


離陸後ほどなくして、メインディッシュがでてきました。
 
今回は、低脂肪食(LFML)というものをリクエストしてみたんですが、魚がメインの食事でした。

デザートは、安定の甘さです。

CMB着

5時間弱のフライトで、無事にコロンボ(CMB)へ着きました。

ここからさらに、乗り継ぎのフライトに搭乗します。
 
このフライトはDXB深夜発でCMBに早朝に到着するのですが、機内で少しでも眠ることができ、乗り継ぎがよければまぁまぁ使いやすいフライトなのかなと思います。

ブッキングクラス、マイレージ

搭乗したブッキングクラス : I
獲得したマイレージ数 : 2,043
 
機内誌の中にULの就航路線がありましたが、都市の名前と場所の位置関係がめちゃくちゃです^^;

また、ULを紹介するビデオの中で、いまは亡きエアベルリンのロゴが未だに映されていました。

こういう詰めの甘い部分もありますが、個人的にはULは嫌いじゃないです 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA