エティハド航空(EY)のエアバス A350路線

エティハド航空(EY)のエアバス A350路線

以前、エティハド航空(EY)がエアバス A350機材を導入予定というお話をしました。

Screenshot

エティハド航空(EY)のエアバス A350機材

エティハド航空(EY)のエアバス A350機材

そして2022年3月からついに、運航が開始されます。
 
そこで、新しい路線が就航する度に更新できるよう、まとめた記事を書いてみました。
 
就航都市・必要マイレージ数に変更があった場合、随時この記事を更新していきます。
  
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

就航路線と便名はこちら

2022年3月現在、就航済の路線と就航予定の路線は以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
路線 便名(AUH発/AUH行) 曜日 備考
イスタンブール(IST) EY97/EY96 毎日 2022/4/1から
ムンバイ(BOM) EY204/EY203 毎日 2022/4/1から
ジッダ(JED) EY2511/EY2334 週6日 2022/4/3から
デリー(DEL) EY218/EY211 週6日 2022/4/30から
カイロ(CAI) EY653/EY654 週4日 2022/5/2から

行きやすいのは、CAIかISTあたりでしょうかね。

どんな感じの機材?

今回EYが導入する機材ですが、
 
・ファーストクラスはありません
・ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のクラブスイートと同様に、ビジネスクラスにコリンズ・エアロスペース社のドア付きリバースヘリンボーンシートを採用し、ビジネスクラスの座席数は44席になる予定
・プレミアム・エコノミーは搭載されません
・3-3-3構成のエコノミーシートで、かなりまともなに見える
 
という感じです。
 
BAと同様のシートというのは、期待が持てそうです。

まとめ

いったんは近場で慣らし運転を行ってから、7月以降本格的に長距離路線で運用されるみたいです。
 
近距離でもいいので、ちょっと乗りに行こうか検討したいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA