フェアモントがモロッコに上陸

フェアモントがモロッコに上陸

アコーグループは、世界有数のホテル運営会社であるカタールのKatara Hospitalityと提携し、モロッコ北部・タンジェにフェアモント(Fairmont Tazi Palace Tangier)を新たにオープンし、アフリカのホテルポートフォリオを拡大しました。
 
フェアモントはとても氣になっているホテルなので、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

アフリカで3番目のフェアモント

2022年第4四半期にオープンした新しいラグジュアリーホテルは、アコーとKatara両グループの長年のパートナーシップを強化するもので、Kataraはすでにアコーが運営する複数のランドマークホテルを所有しています。
 
このホテルには、133室の豪華な客室とスイート、フェアモント スパ、複数のレストランとバー、モダンなカンファレンスおよびバンケットスペースが備わる予定です。
 
モロッコ北部のタンジェに位置する当ホテルは、高級住宅街ブバナ地区の中心という絶好のロケーションにあり、市内中心部やコーニッシュから10分、空港からわずか20分という街の主要観光スポットへの近さも魅力的です。
 
街の中心部という最高のロケーションに位置するFairmont Tazi Palaceは、森林に覆われた丘の上にあり、タンジェの絶景を一望できます。
 
観光やビジネスで来る宿泊客、またモロッコで最も愛されている都市の一つであるタンジェで友人や家族と滞在を望む宿泊客に利用してもらえるようになります。
 
アコーは、2022年10月現在、モロッコで41のホテルを運営し、さらに4つのホテルを開発中です。

まとめ

モロッコは、自分が初めてアフリカ大陸へ上陸した際の国です。

Screenshot

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK751 ドバイ(DXB) – カサブランカ(CMN) Airbus A380-800

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK751 ドバイ(DXB) – カサブランカ(CMN) Airbus A380-800

その際はシェフシャウエンを訪れるために近くのフェズに宿泊しましたが、宿泊したホテルはイビスでした。

Screenshot

Hotel Review : イビスフェズ(ibis Fes)

Hotel Review : イビスフェズ(ibis Fes)

カサブランカやマラケシュなど、その時は訪れることができなかったのでもう一度モロッコには訪れてみたいと思っています。
 
タンジェ(TNG)は行ったことがないので尚更ですね。
 
TNGに来るなら、イベリア航空(IB)かロイヤル・エア・モロッコ(AT)の国内線ですかね。
 
ワンワールド修行を絡めて訪れることができそうです。
 
モロッコでもフランス語が話されていますが発音がちょっと特徴的だったりするので、もう少しフランス語を勉強しないといけません。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA