ヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#7(ヒルトン 成田(Hilton Tokyo Narita Airport))

ヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#7(ヒルトン 成田(Hilton Tokyo Narita Airport))

ふと思い立って始めたヒルトンのダイヤモンドステータスチャレンジ7滞在目は、
 
ヒルトン 成田(Hilton Tokyo Narita Airport)
 
です。
 
今回は息子と2人での滞在です。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ヒルトン 成田は、成田空港(NRT)からバスで20分くらいのところにあります。
 
第1ターミナルからだと、バス乗り場16番からホテル行きの無料シャトルバスが運行しています。
 
ロビーはこんな感じです。



ヒルトン成田には残念ながらクラブラウンジはありません。
 
今回もアップグレードしてもらって、Deluxe Plus Queenへ案内してもらいました。
 
部屋の中はこんな感じです。








窓からの眺め。

この向きの部屋は、当日の風向きによって飛行機の着陸シーンを大量にみることができるスポットとなります。
 
ちょうどこの日は晴れていて、着陸間近の飛行機をたくさんみることができました。
 
これは、分かりづらいですがエミレーツ航空(EK)のA380です^^;

ピントを合わせたりしてぼんやりしていたら行っちゃいました^^;

こういう時に、望遠レンズが欲しいと思いますね。
 
そしてこちらは、エア・カナダ(AC)。

当日の風向きに左右されますが、これだけのためにこのホテルを予約してもいいかもしれません 😛
 
撮影も終わり、ちょっと休憩。

バスルームです。



トイレは、ユニットタイプ。

部屋の中の様子を、動画に収めてみました。

今回はレストランは利用しませんでしたが、ダイヤモンドメンバー特典としてウェルカムドリンクをバーで飲むことができるので行ってみました。

息子と一緒に、パイナップルジュースを飲みました。

Wi-Fi接続方法

HiltonGuestRoomというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

以下の画面で、部屋番号と名字を入力して次へ進むと、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 5.21Mbps
下り 2.37Mbps
 
数字錠は普通の数値でしたが、問題なく快適に利用することができました。

まとめ


自分がヒルトンダイヤモンドメンバーを維持しようと思った理由の一つが、このヒルトン成田です。
 
旅をする際にNRTとヘルシンキ(HEL)をよく利用するのですが、いずれにも空港至近のホテルがあります。
 
特にHELのヒルトンは空港直結なので重宝します。
 
空港近くにあるホテル、という視点でホテルチェーンを選んで、ヒルトンになったわけです。
 
今度宿泊するときは、着陸シーンが観れる部屋にしてください、とリクエストしたいと思います 😀
 
残り、1滞在。

Screenshotヒルトンのステータスチャレンジやってみます!

ヒルトンのステータスチャレンジやってみます!

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ

カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
レンズ :
Leica ズミクロン T F2/23mm ASPH.

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)