Hotel Review : バンヤンツリー ギャリア 二条城 京都(Garrya Nijo Castle Kyoto Banyan Tree) 離宮スイート(Rikyu Suite Room)

Hotel Review : バンヤンツリー  ギャリア 二条城 京都(Garrya Nijo Castle Kyoto Banyan Tree) 離宮スイート(Rikyu Suite Room)

以前、
 
京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー
 
として運営をしていたホテルが、
 
バンヤンツリー ギャリア 二条城 京都
 
としてリブランドオープンしました。
 
リブランド(オフィシャル)オープン初日に滞在してきました。
 
今回も、スイートルームに宿泊です。
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

バンヤンツリー ギャリア 二条城 京都は、地下鉄の二条駅前駅が最寄駅です。

二条城の目の前で、最寄りの出口は、3番。

そのまま左に曲がると左手にホテルが見えています。
 
事前に連絡を入れておくと、京都駅八条口からハイヤーでホテルまで連れて行ってくれます。

ホテルから京都駅までも、ハイヤーで送ってくれます。
 
これらは、宿泊料金に含まれています。
 
外観です。




夜は、こんな感じ。

ロビーは、こんな感じです。




夜にチェックインをしましたが、季節のお茶とお菓子をいただきました。




今回は、このホテルに1部屋しかないスイートルーム
 
離宮スイート
 
を予約しました。

部屋

部屋は、横に長い構造です。
 
入って右側に、ソファとテーブルがあります。

三条のDari.Kのお菓子が置いてありました。





ティーセット。



ウェルカムドリンクとして、シャンパン・白ワインいずれかを飲んでいいよ、と言われました。





参考価格は、こんな感じです。

全日空(NH)機内で提供されるものと同じ水でした。

左側が、ベッドスペースです。






こちらがバススペース。







こちらがトイレ。


朝、バルコニーに出てみました。



目の前が、二条城です。


ベッドをよく見てみると、まだMギャラリーの名前が残っていました。

レストラン

朝、レストランで朝食をいただきました。





今回も、セットメニューでした。

和食、洋食、Well Beingから一品選びます。
 
和食とWell Beingのメニューです。

和食は、こちら。





Well Beingはこちら。








コーヒーはちゃんと淹れたものでした。

WiFi接続方法

GRJPNC-GuestというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
部屋番号と名字を入力します。


以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 34.09Mbps
下り 18.17Mbps
 
高速で、問題なく利用できました。

まとめ


今回は、YouTubeで部屋の中のルームツアーライブ配信をしてみました。

今回は、サプライズのゲストとして百慕大 翼(バミューダ つばさ)さんもライブに登場してくださいました。
 
そして、朝食もホテルのレストランでご一緒しました。
 
百慕大さんとは国内ではよくお会いしていて、海外でお会いしましょう!といつも言っているのですがなかなか実現できていません。
 
今年こそ、海外のどこかでお会いしたいです!
 
百慕大さん、ご出演いただきありがとうございました 🙂
 
 
今回の滞在も、これでもかというくらいスタッフの方に色々丁寧に対応していただきました。
 
このホテルで提供されているKurs(クルス)のクロワッサンは常々食べたいと思っていたのですが、自分がクロワッサン好きであることを覚えてくださっていて、クロワッサンの取り置きの電話をしておきます、というご提案をいただきました。
 
焼き上がりの時間に合わせて、お店を訪れてみました。
 
ホテルからお店まで、歩いて10分くらい。
 
途中に、二条城があります。

修学旅行生が多くいました。



こちらがお店。

そして、ついにKursのクロワッサンをいただくことができました。

カリカリ、サクサクで、バターが滲み出てくる感じ。
 
ジューシーなクロワッサン、という表現がとても相応しいと思います。
 
個人的に、京都No.1のクロワッサンです。
 
 
4 out of 5

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :  
Sony A7C
 
iPhone
 
レンズ :
Sony E 18-200mm F3.5-6.3

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA