デルタ航空(DL)のフライトに少ないマイレージ数で搭乗する方法

デルタ航空(DL)のフライトに少ないマイレージ数で搭乗する方法

デルタ航空(DL)は2017年に、リニューアルされたビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」の座席を発表しましたが、内容は
 

  • 各スイート(個室)に充分な高さのスライド式ドア
  • 中央の2席の間にはプライバシーを保つための可動式仕切り
  • 各スイートごとに個別調整が可能な照明
  • パソコンやヘッドフォン、靴などを収納できる専用スペース
  • 現代的デザインを取り入れた高級感のある内装
  • 形状記憶機能付きのクッション
  • 米国航空会社最大の18インチの高解像度個人用モニター
  • ユニバーサル電源と高性能USBポート
  •  
    という感じのものでした。
     
    日本発の路線だと成田(NRT) – デトロイト(DTW)線でこの座席を体験することができます。
     
    新しい機材・座席には一度は搭乗してみたいと思うのですが、普通に航空券を購入するととても高くなるし、DLの必要マイレージ数はとんでもなく多いことで有名なので、少しでも少ないマイレージ数で体験したいものです。
     
    世の中には、DLより少ないマイレージ数でフライトができるマイレージプログラムが結構あります。
     
    そのうちいくつかを紹介したいと思います。
     
    日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

    DLの必要マイレージ数

    このデルタ・ワン スイートに搭乗するためのNRT – DTW間の片道必要マイレージ数と、自分が常に気にしているDLの以遠権フライト、NRT – SINの必要マイレージ数を例にとって、比較をしてみたいと思います。

    Screenshotデルタ航空(DL)の以遠権フライト

    デルタ航空(DL)の以遠権フライト

    DLの必要マイレージ数は需要に応じてコロコロ変わるのですが、2018/3/10に約1ヶ月後の検索をした際の数字です。

    NRT – DTW

    片道なんと、275,000マイル必要です^^;

    NRT – SIN

    こちらは、110,000マイル。

    中国東方航空(MU)などの提携航空会社フライトを利用すれば、40,000マイルなのですが・・・。

    Flying Blueの必要マイレージ数

    NRT – DTW

    ビジネスクラスは100,000マイルですが、パリ(CDG)で乗り換える遠回りな旅程です。
     
    デルタ・ワン スイートではありません。

    NRT – SIN

    Flying Blueのマイレージでは、DLフライトを指定した場合結果が表示されませんでした。

    大韓航空(KE)の必要マイレージ数

    KEの場合は往復で予約するのが基本なので、往復での必要マイレージ数を紹介します。

    NRT – DTW

    ビジネスクラス往復で、140,000マイルですが、結果が出てきませんでした。
     
    これも、(スカイチームの中では)なかなか少ない方だと思います。

    NRT – SIN

    ビジネスクラス往復で、75,000マイルです。
     
    DLの直行便は出てきませんでしたが、DLの提携航空会社を利用した際の必要マイレージ数よりも、少なくなっています。

    まとめ

    DLフライトに搭乗するなら、DLよりもKEマイレージを利用した方が良いようです。
    (空席があれば、の話です)
     
    ただ、マイレージに有効期限があるのと、往復でないと予約ができないというのがちょっと難ありですね。
     
    他にも、DLフライトに搭乗する際に少ないマイレージ数で予約ができるマイレージプログラムがあるのですが、それは有料メールマガジンの中でお伝えしています。
     
    中にはとんでもなく少ないマイレージ数、少ない金額でDLフライトに搭乗できるんですが、ご興味のある方はこちらからお申し込みをどうぞ 🙂

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)