アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

大韓航空(KE)の新しいワインリストがロンドン(LHR)線で登場

大韓航空(KE)の新しいワインリストがロンドン(LHR)線で登場

大韓航空(KE)は、ソウル仁川(ICN) – ロンドン(LHR)線に新しい機内ワインセレクションを導入しました。
 
どのようなワインをいただくことができるのか、調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しいワインリスト

KEは、国際ソムリエ協会から2019年に「世界最高のソムリエ」に選ばれたワインコンサルタントのMarc Almertと共同で、900本のロングリストから合計50本のワインを試飲、評価、選定しました。
 
ソムリエたちは、ワインを選定する際に、飛行中の機内環境や機内食とのペアリングを考慮したそうです。
 
最終的に、オーストラリア、オーストリア、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカから14本が選ばれました。
 
ファーストクラス搭乗客は7本、ビジネスクラスの搭乗客は5本のワインから選ぶことができます。
 
エコノミークラスでは、白ワインと赤ワインから選ぶことができます。
 
また、機内特別メニューに合わせ、ビーガンフレンドリーなワインも7種類用意しています。
 
新しいワインは2023/6/1まで機内で販売され、その後、順次入れ替わります。
 
また、ICN発のロサンゼルス(LAX)、ニューヨーク(JFK)、パリ(CDG)線でも、いくつかのワインが提供されます。
 
ICN – LHR線で提供されるワインは以下の通りです。

ファーストクラス

シャンパン : アンリ・ジロー(Henri Giraud) MV18
白ワイン :
Merryvale Silhouette Chardonnay 2020(ヴィーガンミール向け)
Rheingau(ヴィーガンミール向け)
Weingut Robert Weil Kiedrich Turmberg Riesling Trocken 2021
赤ワイン :
Shafer TD-9 2019
Murdoch Hill The Phaeton Pinot Noir 2022, Adelaide Hills(ヴィーガンミール向け)
Bodegas Arzuaga Navarro Arzuaga Reserva 2019
デザートワイン : Chateau Guiraud 2002

ビジネスクラス

シャンパン :
Charles Heidsieck Brut Millesime 2013(ヴィーガンミール向け)
白ワイン :
Château de Chantegrive Caroline 2018
Tegernseerhof Grüner Veltliner Bergdistel Smaragd 2017,(ヴィーガンミール向け)
赤ワイン :
Dandelion Vineyards Lionheart of the Barossa Shiraz 2020
Speri Valpolicella Classico Superiore Sant’urbano 2019(ヴィーガンミール向け)

エコノミークラス

白ワイン : Laroche L Chardonnay 2022
赤ワイン : Banfi Col di Sasso Toscana IGT 2021(ヴィーガンミール向け)

まとめ

KEは最近、新しいヴィーガンミールも発表したばかりです。
 
路線や季節によって異なる韓国式ヴィーガンミールを導入しています。
 
すべての搭乗客が、ゴボウ入り麦飯、ローストシイタケ、緑豆ゼリーサラダ、ロースト豆腐の梅肉ソース添えなどの料理をいただけるようになります。
 
また、ビジネスクラスおよびファーストクラスの搭乗客には、銀杏粥や煎り長芋の豆板醤和えも用意されています。
 
韓国を出発するすべての国際線において、出発の24時間前まで予約することが可能です。
 
ファーストクラスのシャンパンに、2022年11月にメゾン訪問したアンリ・ジロー(Henri Giraud)が入っているのはなんとも感慨深いですね。
 
メゾンの中の様子をまとめて、和訳付きで動画にしていますのでぜひご覧ください 🙂

一度はKEファーストクラスに搭乗したいと思っていますが、どの路線で乗れることやら・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)