大韓航空(KE)のマイレージ加算率が変更(提携航空会社フライト時、2019/7/1搭乗分から)

大韓航空(KE)のマイレージ加算率が変更(提携航空会社フライト時、2019/7/1搭乗分から)

あまり搭乗する機会のないスカイチームメンバーのフライトですが、大韓航空(KE)はたまに利用します。
 
自分は行っていませんがKE提携航空会社のフライトでKEマイレージプログラムに加算する場合、いくつかの航空会社を対象に加算率が変更となります。
(2019/7/1から)
 
変更となる航空会社と、変更部分をシェアします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

変更対象の航空会社

今回加算率が変更となるのは全部で4社です。
 
一つずつ、変更された加算率を紹介します。

デルタ航空(DL)

まずは、デルタ航空(DL)。

こちらは、改善です。
 
今まで加算率0%だったブッキングクラス : Sが、110%加算となります。
 
これは、エコノミークラスというよりもプレミアムエコノミークラスですね。

アエロメヒコ航空(AM)

次は、アエロメヒコ航空(AM)。

こちらも、改善です。
 
ブッキングクラス : Iの加算率が、100%から125%となりました。
 
また、エコノミークラスにおいても以前は0%加算だった以下のクラスでマイレージが加算されるようになります。
 
・Wクラス : 100%
・Rクラス : 50%
・Vクラス : 25%

アルゼンチン航空(AR)

次は、アルゼンチン航空(AR)。

こちらは、改悪です。
 
ブッキングクラス : Gが、全く加算されなくなってしまいます。

アエロフロート・ロシア航空(SU)

最後は、アエロフロート・ロシア航空(SU)。

こちらも改悪です。
 
ブッキングクラス : SとAが、加算率が100 % -> 75%に減少します。
 
また、HとLが75% -> 50%、EとNが50% -> 40%にそれぞれ減少します。

まとめ

今回の変更で、スカイチーム内でもKEと仲のよい航空会社がわかったような気がしますね。
 
DLはKEとジョイントベンチャー事業を行っているし、AMとも提携関係を強化しています。
 
KEマイレージを貯めていない方にはあまり関係ない情報ですが、スカイチームメンバーの飛行機に乗った時、マイレージ加算先としてKEマイレージは候補としてアリだと思います。

Screenshot大韓航空(KE)のマイレージをお得に使おう

大韓航空(KE)のマイレージをお得に使おう

逆に、自分がKE搭乗時に加算する航空会社の変更(改悪)はありませんでした。
 
よかった・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea