大韓航空(KE)がエアバス A380機材の運用を再開。成田(NRT)線にも投入

大韓航空(KE)がエアバス A380機材の運用を再開。成田(NRT)線にも投入

先日、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)がエアバス A380機材の運用を再開することをお伝えしました。

Screenshot

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)がエアバス A380機材の運用を再開

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)がエアバス A380機材の運用を再開

ここにきて、大韓航空(KE)もA380機材を復活させるようです。
 
KEのA380機材復活を、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

KEのA380機材復活

大韓航空(KE)は、今後数か月以内にエアバス A380機材を主要な国際線に搭載する計画を発表しました。
 
まず2022年7月からニューヨーク(JFK)と香港(HKG)へのA380機材運用を再開し、9月から成田(NRT)へも投入される予定となっています。
 
KEはまた、2020年から貨物を運ぶために改造されたボーイング B777機材のうち3機を乗客の使用に戻す予定であるとも述べています。
 
2022年8月にはラスベガス(LAS)、ミラノ(MXP)、ウィーン(VIE)へのルートを再開する予定です。

KEファーストクラスに乗るには

A380機材には、ファーストクラス設定があります。
 
有償で搭乗するにはちょっともったいないので、ここはマイレージを利用して楽しみたいところです。
 
KEの提携航空会社各社に電話をしてみましたが、どのマイレージプログラムもKEファーストクラスは予約ができないとのこと。
 
そもそも、ビジネスクラスまでのチャートしか出していないところもあります。
 
エティハド航空(EY)も、エミレーツ航空(EK)も、Flying Blueも、あの航空会社もダメでした。
 
ファーストクラス特典予約ができるのは、自社マイレージのみということになります。
 
2022年7月時点で発表されている3路線のファーストクラス搭乗に必要なマイレージ数はそれぞれ、こんな感じです。
 
まずは、NRT線。

HKG線は、NRTと同じでした。

JFK線は、意外にお得かと思います。

後は、空きがあるかどうかを調べるだけですね。

まとめ

KEのA380機材はまだ乗ったことがなかったので、NRT線でタイミングが合えば乗ってみたいですね。
 
ただ、KEのマイレージはなかなか貯めようと思っても貯められないので、購入するしかなさそうです。
 
円安の時期で大変ですが・・・買おうとしたら単価JPY3弱くらいかな。
 
片道2時間で32,500マイル分だとして、JPY100,000。
 
ちょっと迷います。
 
KEは提携航空会社には特典座席をなかなか解放していない分、自社マイレージで予約をするのであれば解放座席があるのかもしれません。
 
もうちょっと安くKEマイレージを獲得する方法を考えます。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA