アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)が提供するミシュラン星3つの機内食

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)が提供するミシュラン星3つの機内食

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)のビジネスクラスにはかなり古いシートがありますが、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)が導入する新しいアレグリスのシートに続いて数年後には、この問題は解決されるはずです。
 
LXのビジネスクラスでは、機材以外は結構良くて、特に食事には定評があります。
 
定期的に一流シェフにメニューを変更しているからです。
 
LXは機内食・ドリンクプログラム「SWISS Taste of Switzerland」の最新版として、今後3ヶ月間、ファーストクラスとビジネスクラスでヴォー州産のメニューを提供することとなりました。
 
機内食の詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

LXの新しい機内食

新しいLXの機内食は、クリシエの町にあるレストラン・ド・ロテル・ド・ヴィル(Restaurant de l’Hôtel de Ville)のトップシェフのフランク・ジョバンニーニ(勤続29年)がグルメキッチンで考案したものです。
 
LXの新しいプレミアムエコノミークラスメニューは、スイス西部の州からインスピレーションを得たもので、地元の特産チーズも含まれています。

このレストランはミシュランの3つ星とゴ・エ・ミヨ(Gault et Millau)で19点を獲得しています。
 
レストランは州都ローザンヌからわずか数分の場所にあります。
 
※Gault et Millauとは
 
LXファーストクラス搭乗客は、前菜のラングスティーヌのトマトムース添えをお楽しみいただけます。
 
メインディッシュは、仔牛のフィレミニョンに茄子のキャビアを詰めたコンキリオーニのパスタを添えました。
 
ビジネスクラスメインディッシュは、ビーフテンダーロインのペストポレンタ添え、または鶏胸肉のグリルとニョッケッティ・ディ・ジータのパスタ添えからお選びいただけます。
 
デザートはグルメスタイルのクラシックなヴォードワ、フランボワーズとピスタチオのキャラメリゼを添えたエクレアです。
 
プレミアムエコノミークラスの新しい3コースメニューは、カントン・ヴォー地方からインスピレーションを得ています。
 
プレミアムエコノミークラスでは、グリュイエールやブルー・デュ・ヴィラージュなどの特産チーズをお楽しみいただけます。
 
ビジネスクラスの全メニューはこちらです。
 
https://preview.thenewsmarket.com/Previews/SWIS/DocumentAssets/669122.pdf
スイス航空ビジネスクラス・フルメニュー

まとめ

シェフの意氣込みはこちら。

残念ながら自分はそこまで食に興味がありませんが、動画を撮影するときはできるだけ食事のシーンを多く撮ろうとと思います。
 
いつかは、LXファーストクラスに搭乗します!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)