モスクワ・ドモジェドヴォ空港(DME)にワンワールドのラウンジがオープンします

モスクワ・ドモジェドヴォ空港(DME)にワンワールドのラウンジがオープンします

自分がまだ訪れたことのないモスクワですが、空港が3つあります。
 
・シェレメチェヴォ(SVO)
・ドモジェドヴォ(DME)
・ヴヌーコヴォ(VKO)
 
の3つです。
(ちなみに、モスクワの都市コードはMOWです)
 
このうちSVOはスカイチームメンバーのアエロフロートロシア航空(SVO)のハブ空港となっており、ロシア最大の空港ですが、次に大きな空港であるDMEにワンワールドのラウンジがオープンすることになりました。
 
まだ、いつオープンするのかについては明らかになっていませんが、個人的に贔屓にしているワンワールドのラウンジは、できる限り訪れてみたいところです。
 
2019年12月現在で分かっていることをまとめてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

DMEの現状

2019年12月現在、ワンワールドメンバーがDMEを利用する際に利用する招待ラウンジですが、
 
・Airport Business Lounge
・Navigator Club Lounge
・S7 Business Lounge(国際線、国内線)
 
となっています。
 
このうち、
 
・Airport Business Lounge
・S7 Business Lounge
 
についてはプライオリティ・パスでも利用できるのであまり特別感のあるものではありません。
 

DMEを利用しているワンワールドメンバー

上述の通り、すでにDMEにはS7のラウンジがありますが、S7の他にもワンワールドメンバーの航空会社が就航しているため、ラウンジの費用負担をS7だけに負わせるのではなく皆で平等に負担しましょう、という考えからワンワールドラウンジが作られるようです。
 
DMEを利用しているワンワールドメンバーですが、まず何と言ってもDMEをハブ空港としているS7航空(S7)があります。
 
その他には、
 
・カタール航空(QR)
・イベリア航空(IB)
・ロイヤルヨルダン航空(RJ)
・ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
 
日本航空(JL)もDMEへ就航していますが、DLは2020年3月より離発着空港をDMEからシェレメチェヴォ(SVO)へ変更します。
 
https://press.jal.co.jp/ja/release/201909/005310.html
 
JLも独自に、アライアンスを超えてSUと提携を行っているようです。

まとめ

実は今度、日本航空(JL)を利用して初めてモスクワの空港を利用するのですがSVOに到着することになります。
 
なので、DMEを利用するのはしばらく後になりそうなのですがワンワールドは贔屓にしているのでいつかS7にも搭乗したいと思っています。
 
そして、新しく出来上がるワンワールドラウンジも訪れてみたいですね!

セミナー開催します

同じくワンワールドメンバーのキャセイパシフィック航空(CX)を徹底攻略するセミナーを、2020年1月から3月の間に開催します。
 
自分も含めファンも多いCXに、お得に搭乗する方法やCXマイレージの効率的な使い方について、余すところなくお伝えします。
 
セミナー詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)徹底攻略セミナーのご案内

キャセイパシフィック航空(CX)徹底攻略セミナーのご案内

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea