ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)と中国南方航空(CZ)が提携開始

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)と中国南方航空(CZ)が提携開始

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が、中国南方航空(CZ)とコードシェア便の提携をすることになりました。
 
コードシェアは、既には開始されています。 
 
いよいよ、CZとワンワールドが近づいて来ましたね。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

提携概要

今回の提携は、BA/CZの長距離路線のビヨンドとして、それぞれの国の国内都市まで運航を行う、というものです。
 
BAは、
 
・瀋陽(SHE)
・哈爾濱(HRB)
・長春(CGQ)
・大連(DLC)
 
の都市までBA便名で行くことができます。
 
SHEとHRBは上海浦東(PVG)から、DLCは北京首都(PEK)から、CGQは両方の空港から乗り継ぐことができます。


そして、BA便名がついているのでAviosを獲得することもできます。
 
例えば、LHR – X/PEK – DLCのフライトの場合、BA便名とCZ便名の両方が検索結果として出て来ますが、BA便名の方が高めの運賃となっています。

ちなみに、LHRから広州(CAN)への直行便はCZ便のみで、BAサイトから検索してもCZ便の直行便は出て来ません。

BA便とCZ便(CX便も)の組み合わせが出てくるだけです。
 
そのうちBA便名のCZ運航フライトが出てくるようになるのかもしれませんが、CZの長距離路線はまだ怖くて搭乗できません^^;
 
ビジネスクラスがそれなりに安い運賃なら、検討の余地があるかもしれませんが・・・。
 
逆にCZ便名では、
 
・エディンバラ(EDI)
・グラスゴー(GLA)
・マンチェスター(MAN)
・ニューカッスル(NCL)
・ベルファスト(BFS)
 
へ行けるようになりました。

まとめ

上記の中国4都市は、ビジネス的にも観光的にも重要な都市なので、乗客が見込めるための提携だと思いますが、先日、アメリカン航空(AA)とCZが提携を強化したことをお伝えしました。

Screenshotアメリカン航空(AA)と中国南方航空(CZ)の提携

アメリカン航空(AA)と中国南方航空(CZ)の提携

この提携も相当程度理由になっていると思います。
 
今回BAがコードシェアを始めたことで、CZのワンワールド入りはもはや時間の問題だと思います。
 
どうなる、CX?!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea