2022年修行計画

2022年修行計画

2022年が始まりました。
 
2021年は各航空会社のステータスが延長されるケースが多く、緩和となったために苦行をする必要はありませんでした。
 
2022年はこれらを維持していく年になります。
 
そこで、2022年の目標を掲げる目的で、現在保有しているステータスの維持方針をつらつらと書いてみたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

飛行機

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) : ワンワールド

条件 :
・必要ティアポイント(TP)数 : 2,250TP
・BA4区間
 
BAに関しては、2021年の10月から今年度の修行が始まっています。
 
今期は25%減のTPでOKなので、BAゴールドを目指すのであれば1,125TP + BA4区間でOKですが、自分はゴールドゲストリストメンバーを目指しているので、2,250TPが必要です。
 
残り9ヶ月であと1,500TPくらい必要なので、1ヶ月平均160TPくらいが必要。
 
1月にカタール航空(QR)に搭乗するので、あとは日本航空(JL)で1ヶ月に2往復くらいすれば達成できそう。
 
BA4区間は、2021年の11月に既に達成しているので、氣が楽です。
 
無理をしなくても達成できそうです。

Flying Blue : スカイチーム

条件 :
・必要エクスペリエンスポイント(XP) : 300XP
 
2020年に新たに取得したステータス。
 
以前から取りたいと思っていたスカイチームの上級会員ステータス、2020年に行われたキャンペーンに乗っかり、コストを抑えてFlying Blueプラチナメンバーになることができました。
 
1年間かけて300XPを獲得する訳ですが、AF/KLフライトは2022年6月いっぱい、XPの50%ボーナスで加算されるので、この間に集中して乗れればと思っています。

TAPポルトガル航空(TP) : スターアライアンス

条件 :
・必要マイレージ数 : 50,000マイル
 
こちらも、2020年に新たに取得したステータス。
 
2021年3月末までに必要なマイレージはあと900マイルほどなので、適当にNHに搭乗すればOK。
 
2021年4月から1年かけて50,000マイルを獲得する必要がありますが、50,000マイルは、トルコ・ヨーロッパへ仕事で行く機会が増えると思うのでその時にターキッシュ・エアラインズ(TK)で2往復くらいすればすぐかな、と。
 
全日空(NH)国内線搭乗時、ゲートの画面に「SAG」と表示させるためにTPゴールドを維持しているようなもんです 😀

ヴァージン・アトランティック航空(VS)

条件 :
・必要ティアポイント(TP) : 1,000TP 
2021年は結局、ステータスの延長が続いて何もせずにゴールド維持ができました。
 
2022年は、5月から修行スタート予定ですが、VSに安く搭乗する方法やVSに搭乗しなくてもTPを獲得する方法を確立したので、こちらものんびり続けたいと思います。

ホテル

ハイアット

条件 :
・60泊
 
2022年は、ハイアットのグローバリスト資格維持のためには60泊必要です。
 
そして、色々工夫をして今日(1/5)に、2022年のハイアット修行の5/6は終了します。
 
なので今年1年は、混雑が予想される日本のハイアットは極力避けて、海外のハイアットでのんびりと滞在したいと思います。

アコーホテルズ

条件 :
・必要ポイント数 : 26,000ポイント
 
2021年もダイヤモンドステータスを自力で維持し、2022年もダイヤモンドメンバーでいることができます。
 
2022年はどうするか、ですが、できる限りホテル宿泊をアコーホテルズに寄せ、可能な限りダイヤモンドステータスを維持したいと思っています。

ヒルトン

条件 :
・21滞在
 
ヒルトンも、2022年の資格取得要件が緩和されているのでダイヤモンドメンバーを維持するのは比較的容易です。
 
ですが自分は、ヒルトンに関しては修行をする必要はありません。
 
0泊で、ダイヤモンドメンバー維持です。
 
なので、氣になったヒルトンのホテルがあったら空いている時期を見つけて宿泊してみたいと思います。
 
ヒルトンはなんだかどこも同じような感じなので、コンラッドやLXRなど、あまり軒数が多くないホテルに泊まってみたいですね。

IHG

条件 :
・75泊または75,000ポイント
 
IHGについても、修行予定はありません。
 
スパイアアンバサダーのステータスが落ちてしまうのであれば、それはそれで止むを得ないかな、と。
 
スパイアアンバサダーのうちに、氣になるホテルに宿泊しておこうと思います。

おまけ : フランス

飛行機・ホテルとは直接関係ありませんが、2022年から、ライフワーク的な位置付けで
 
フランスの95県全県制覇の旅「Voyage Avancé France」
 
を開始します。
 
ヨーロッパ本土にあるフランスの95県を全て周り、
 
・県庁の写真を撮る
・地元の人にインタビュー
・クロワッサンレビュー
・少しだけ街歩き
 
を行い、動画をアップします。
 
フランスの県を覚えるため、地図のパズルを買いました。
 
とりあえず今は、まっさらな状態です。

全県制覇までに何年かかるかわかりませんが、まずは1月、大好きなニースに行ってきます。

まとめ

2022年のテーマは、
 
アコーホテルズのダイヤモンドステータス
 
になりそうです。
 
じわじわとアコーホテルズプラチナメンバーが増えてきている印象なので、なんとしてもダイヤモンドステータスは維持しておきたいところです。
 
今のところ、決まっているのは1月と5月のヨーロッパです。
 
国内ホテルも、できる限り手出しを抑えた形でアコーホテルズに宿泊したいと思います。
 
 
あなたの2022年の修行計画は、どのようになっていますか?

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By けん

    明けましておめでとうございます。
    1月にフランス来日ということですが、今月の15日(予定ですが)からワクチン接種証明書がないと、レストランでの食事や列車やバスの長距離の移動、かつ飛行機の国内線の搭乗が不可能になりますので気をつけてください。(陰性証明書では不可能になります)

    • By par

      コメントありがとうございます。
      なかなか厄介になることは聞いていたので、15日よりも前にサッと行こうかと思っています。
      国内移動で国際線を利用することになるかもしれません^^;

  2. By けん

    フランスは事実上ワクチン接種は当たり前になるので、ワクチン未接種の外国人はしばらくフランスに来ることは難しくなると思います。(可能ですが、移動や食事が難しくなります)ここ1ヶ月は、デルタ株とオミクロン株のコロナが活発で、感染者が20万人以上出ているので、感染しないように気をつけて滞在してください。(ニース付近は入院するのもかなり困難になると思います。)

    また1月15日前までも、まともに旅行するには衛生パスが必要で、陰性証明は24時間しか有効ではないので毎日25ユーロ(週末はもう少し高くなります)支払って薬局で抗原テストをしなくてはなりません。

    旅行前にフランスの外務省のサイトを定期的に読むことをお勧めいたします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA