リッツカールトンがメルボルンに2023年3月オープン予定

リッツカールトンがメルボルンに2023年3月オープン予定

2023年3月、ザ・リッツ・カールトン・メルボルンが6つ星ホテルとしてデビューします。
 
宿泊予定はありませんが、内容をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

メルボルンのリッツカールトン

高速エレベーターで80階まで上がり、ヤラ川、マーベル・スタジアム、そして街のスカイラインを一望できる素晴らしい「スカイロビー」から、257室の客室とスイートルームに向かうことになります。
 
伝説的な高級ホテルブランドの最新拠点であり、2019年にオープンしたザ・リッツ・カールトン・パースに続くオーストラリア2番目の拠点であるザ・リッツ・カールトン・メルボルンが、2023年オープン予定です。
 
また、サザンクロス駅に隣接しているため、鉄道やトラムで市内各地にアクセスしやすく、サウスバンクやメルボルン・コンベンションセンターへも徒歩10分という好立地にあります。
 
また、79階のスカイロビーには、リッツカールトンクラブが設置されます。
 
クラブレベルの客室とスイートの予約客には、クラブへのアクセスが含まれています。
 
また、クラブを利用したい場合は、空室状況に応じて有償で利用することができます。
 
ザ・リッツ・カールトン・メルボルンは、シグネチャーレストランと親しみやすいライブラリースタイルのバーを併設する予定です。
 
また、フィットネスセンター、サウナ、2つのヴィタリティプール、ヨガスタジオ、6つのトリートメントルームを備えたリッツカールトン・スパも併設されます。
 
ウェストサイドプレイスには、316室の「ザ・ドーセット・メルボルン」が建設されるほか、2,500戸以上の居住用アパートメントが建設される予定です。
 
この複合施設では、ロンズデール通りとリトルロンズデール通りの間にメルボルンの有名な小道が新たに作られ、この新しい小道には、メルボルンの多彩な文化の中心を象徴する数多くの穴場スタイルのレストラン、バー、ショップが出店する予定です。
 
2022年10月現在、まだオンラインで予約はできないようですが、そのうちできるようになるでしょう。

まとめ

ザ・リッツ・カールトン・メルボルンの開業は、オーストラリアにおけるラグジュアリー・ブランドの存在感をさらに高めるきっかけとなるでしょう。
 
またオーストラリアにおいては、ブリスベンの急成長中のクイーンズワーフにも新しいホテルがオープンする予定です。
 
さらに、長い間影が薄かったシドニーのフラッグシップホテルがオープンします(現地での工事はまだ始まっていません)。
 
自分が以前、メルボルンへ行った際はパークハイアットへ宿泊しましたがオーストラリアはアコーのホテルブランドがとても多くあります。
 
2023年はブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行でオーストラリアへ訪れる機会があるかもしれないので、宿泊を含めた滞在になった場合はアコーのどこかのホテルに宿泊しようと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA