アコーホテルズのSO/がパリにオープン

アコーホテルズのSO/がパリにオープン

アコーの高級ブランド「SO/」が、7月にフランスでデビューすることになりました。
 
日本ではあまり知られていないこのブランド、自分はとても楽しみにしています。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

SO/について

このブランドは、2020年後半に発表されたアコーとイギリスのEnnismoreとのグローバルライフスタイルホテルパートナーシップの一部を構成するものです。

SO/ パリは、パリ4区のセーヌ川のほとりに位置するMorland Mixité Capitaleの複合施設内に建設されます。
 
Morland大通りに面したこの建物には、もともとパリ警察本部がありましたが、Emerige社がDavid Chipperfield建築事務所とCALQ建築事務所と共同で再開発し、複合施設に生まれ変わらせました。
 
162室の客室は、建築事務所RDAIによるデザインで、革や木などの自然素材や可動式の家具が使用されています。
 
ロビーにはフランス人アーティスト、Neil Beloufaが特別に制作した樹脂製のオブジェがあり、ゴミを作品に組み込むことで「使い捨て文化」について物申しているようです。
 
また、スタッフのユニフォームは、ファッションブランドPatouのアーティスティックディレクターであるGuillaume Henryがデザインし、フィット感のあるブレザーやパフボールスカートなど、パリジェンヌをイメージしたデザインになっています。
 
7階から14階までの140室と22室のスイートルームがあり、25平方メートルから128平方メートルの広さで、すべての部屋にThomas Fougeirolの写真、大胆な色彩、「時代を超えた装飾」、パリの屋上やランドマークの眺めが施されています。
 
15階と16階には、ホスピタリティ・グループであるParis Societyのレストラン、バー、クラブであるBonnieが入ります。このレストランからは360度のパリの眺望が楽しめ、
 
また、フランスのコスメティックブランド「Codage Paris」と提携し、宿泊客と外部からの訪問者のためのスパを設置しました。
 
スパでは、エントランスにエルサ・サハルのアートワーク、トリートメントルームにアリス・ギタールの作品が飾られる予定です。
 
また、宿泊客はモーランド・ミクシテ・キャピタルの複合施設内にある1,700平方メートルのフィットネスセンターとプールを利用することができます。
 
7階には、自然光をふんだんに取り入れた200平方メートルのミーティングルームが4室設置される予定です。

まとめ

SO/ブランドは2022年3月現在、オークランド、バンコク、ベルリン、ハバナ、サンクトペテルブルグ、シンガポール、ソトグランデ(スペイン)、ウィーンなどに物件を持ち、今後、ドバイやメルボルンなどでの展開が予定されています。
 
アコーホテルズのサイトには7月オープン予定、書いてありましたがまだ予約はできないようでした。
 
パリ4区といえば、パリ市役所があるところですね。
 
今度パリ4区を制覇する際は、是非ともこのホテルに宿泊したいです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA