タイ国際航空(TG)の新しいボーイング B777機材はファーストクラス設定あり!

タイ国際航空(TG)の新しいボーイング B777機材はファーストクラス設定あり!

以前、タイ国際航空(TG)が経営難の中新しいボーイング B777機材を導入することをお伝えしました。

Screenshot

経営再建中のタイ国際航空(TG)がボーイング B777機材を導入

経営再建中のタイ国際航空(TG)がボーイング B777機材を導入

そしてこの機材の運用が、ようやく始まるようです。
 
どの路線で運航されるのか、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しい機材の運航路線

TGは、3機の新型ボーイング B777-300ERの納入を進めています。
 
そのうちの2機(機材登録番号 : HS-TTA、HS-TTB)はバンコク(BKK)に到着しました。
 
3機目は登録コードHS-TTCですが、まだのボーイング社で試験飛行を行っています。
 
2022/4/27より、バンコク(BKK) – ロンドンヒースロー(LHR)間で新型機ボーイング B777-300ERを使用することになりました。
 
TG910 BKK -> LHR 12:55AM発 7:15AM着
TG911 LHR -> BKK 12:30PM着 6:00AM着(+1)

TGの新型 B777内装

TGが新たに納入するボーイング777-300ERの座席構成ですが、TGはB747とA380をすべて退役させ、2022年4月現在現在ファーストクラスは提供していません。
 
ですが今回導入するB777機材には、待望のファーストクラス座席があるようです。
 
・ファーストクラス8席(Collins Aerospace Elite)
・ビジネスクラス40席(STELIA Aerospace SOLSTYS III)
・エコノミークラス255席(Safran社およびZodiac Aerospace社)
 
新しいファーストクラス、楽しみですね。

まとめ

新しいTGファーストクラス・ビジネスクラスをマイレージで予約するのは、ちょっと難しそうです。
 
TGは、2022年4月現在提携航空会社向けの解放座席を制限する傾向にあり、ましてやBKK – LHR線というTGのフラグシップ路線において予約をするのは至難の技。
 
大量の資金を投入するか、運が良くないと搭乗は難しいかもしれませんが残り2機の機材をどの路線で利用するのか、期待したいです。
(日本には来ないでしょう。CDGとかFRAとかその辺りかな)
 
また、BKKにあるファーストクラスラウンジはどうなるんでしょうかね。
 
毎日1便のためにラウンジを再開させることはないと思いますが、カートでの移動サービスくらいは復活させるのかもしれません。

Screenshot

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルファーストラウンジ(Royal First Lounge)

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルファーストラウンジ(Royal First Lounge)

新しいB777機材も氣になりますがまずは、TGのA350機材に乗りたいなと思っています 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA