リーズ・ブラッドフォード空港(LBA)のWifiスピードチェック

リーズ・ブラッドフォード空港(LBA)のWifiスピードチェック

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
妻の実家があるリーズからのフライトリーズ・ブラッドフォード空港(LBA)を利用します。
 
いつもの通り、Wifiのスピードチェックを行います。

LBA概要

LBAは、Jet2.com(LS)の拠点空港でもあります。
 
自分はいつも、空港まで義父か義母に送ってもらっているんですが、LBAは近くにホテルや電車がなく、移動はバスかタクシーしかないというちょっと不便なところですが、空港へ行くまでの間に、古き良きイギリスの風景というか、羊や馬が牧草を食んでいるヨークシャーの風景を見ることができます。
 
この風景が、大好きです 🙂
 
日本からだと、KLのアムステルダム(AMS)乗り換えか、BAのヒースロー(LHR)乗り換えになると思います。
 
スターアライアンスの航空会社は、LBAには就航していません。
 
なのでどうしてもスターアライアンスの航空会社を利用してリーズへ行きたい場合は、近くのマンチェスター空港(MAN)まで来れば、そこから電車で1時間くらいでリーズへ行くことができます。
 
MANの方が色々な航空会社が就航しているので、便利かもしれません。
 
スターアライアンス系の航空会社だったら、
 
・ルフトハンザドイツ航空(LH)
・オーストリア航空(OS)
・ブリュッセル航空(SN)
・ターキッシュエアラインズ(TK)
・スカンジナビア航空(SK)
・エーゲ航空(A3)
・エジプト航空(MS)
・スイス インターナショナル エアラインズ(LX)
・TAPポルトガル航空(TP)
・ユナイテッド航空(UA)
 
あたりが就航しています。
 
結構ありますね。

接続方法

LeedsBradfordAirport_Free_WiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
その後(だいぶ待たされて)表示される画面で、メールアドレスとフライト番号を入力します。

以下のような画面が出たら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 45.98Mbps
下り 0.87Mbps
 
上りが極端に速く、下りがとても遅い結果となりましたが、全体的には問題なく使えます。
 
切れることもなく、動画もスムーズに見ることができます。

まとめ

妻の実家の最寄り空港がLBAのおかげで、BAの上級会員資格のために必要な4回BA搭乗という条件をクリアするためのフライト計画を、結構立てやすい感じです。
 
必ずLHRで乗り継ぎまたはストップオーバーをするので、LHR – LBAの間を最低2回はフライトする感じです。
 
4回搭乗でいい、というのは結構緩いですよね。
 
この条件がずっと続いてくれることを願っています・・・。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)