BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#0(修行計画)

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#0(修行計画)

AviosハンターのPAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
SFC修行も解脱の目処がたったため、次のステップとして、いよいよブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行を始めたいと思います。
 
しかも、ただの上級会員ではなく、ライフタイム・ゴールドメンバーシップ。
 
BAのライフタイム・ゴールドメンバーシップについては、BA公式ページに説明があります。
 
https://www.britishairways.com/ja-jp/executive-club/tiers-and-benefits/lifetime-tier-points
 
BAのライフタイム・ゴールドメンバーになるためには、ティアポイントをなんと35,000ポイントも獲得しなければいけません。
 
この35,000ティアポイントという数字がどれだけ大きな数字かは下で述べますが、一見無謀にも思えるこの数字に果敢に挑戦していこうと思います。
 
修行に関して、必要な知識を少しだけ紹介します。

千里の道も一歩から

BAのライフタイム・ゴールドメンバーになるためには、BAを含むワンワールドメンバーのフライトを相当数行わなければいけません。
 
35,000ポイントを少しでも早く獲得するべく飛行機に乗りまくらなければいけないのですが、どうせなので毎年BAのゴールドメンバーを目指していこうと思います。
 
BAゴールドメンバーになるために必要なティアポイントは、1,500ポイント。
 
この1,500ポイントを23年くらい連続して獲得すれば、晴れてライフタイム・ゴールドメンバーです^^;
 
果てしない挑戦ですが、こんなマニアックなことをしているのは日本ではそうそういないと思うので、挑戦し甲斐がありますね!
 
そして、ティアポイント獲得の道のりを、このブログで紹介していこうと思っています。

BA上級会員制度の概要

まず、1年間上級会員でいるための条件をおさらいです。

ここをタップして表示Close
ステータス 主な特典 条件
ブロンズ
(= ワンワールドルビー)
・フライトでの25%Aviosボーナス
・ビジネスクラス専用チェックイン・デスクと優先搭乗
・出発7日前から無料で座席を指定可能
・300ポイント + BAフライト2区間搭乗
または・BAフライト25区間搭乗
シルバー
(= ワンワールドサファイア)
・フライトでの50%Aviosボーナス
・ビジネスクラス専用チェックイン・デスクと優先搭乗
・航空会社ラウンジ利用可能
・予約時から、無料で座席を指定可能
・600ポイント + BAフライト4区間搭乗
または・BAフライト50区間搭乗
ゴールド
(= ワンワールドエメラルド)
・フライトでの100%Aviosボーナス
・ビジネスクラス専用チェックイン・デスクと優先搭乗
・航空会社ラウンジ・ファーストクラスラウンジ・アライバルラウンジ利用可能
・予約時から、無料で座席を指定可能
・1,500ポイント + BAフライト4区間搭乗

航空会社ラウンジを利用できるのは、シルバーメンバーからです。

獲得できるティアポイント数は?

​搭乗する区間、ブッキングクラスに応じて、一区間あたり5ポイントから240ポイント獲得できます。
 
詳細は割愛しますが、一区間あたり獲得できるティアポイントをおおまかに紹介します。

2,000マイルまでの短距離フライト

エコノミークラス : 5 – 20ポイント
ビジネスクラス : 40ポイント
ファーストクラス : 60ポイント

2,001マイルから6,000マイル中距離フライト

エコノミークラス : 20 – 80ポイント
プレミアムエコノミークラス : 90 – 100ポイント
ビジネスクラス : 140ポイント
ファーストクラス : 210ポイント

6,001マイルを超える長距離フライト

エコノミークラス : 30 – 120ポイント
プレミアムエコノミークラス : 150ポイント
ビジネスクラス : 160 – 240ポイント
ファーストクラス : 240 – 360ポイント
 
ちなみに、日本(TYO)からロンドン(LHR)までのフライトは「中距離フライト」にあたり、ビジネスクラスだと140ポイント獲得できます。
 
往復で、280ポイントです。
 
つまり、35,000ポイントを獲得しようと思ったら、
 
・日本とイギリスの間をビジネスクラスで125往復
・エコノミークラスでも、438往復
 
しなければいけません。
 
どれだけ時間とお金をかければいいんだろう・・・と思うかもしれませんが、うまくやればかなり費用を抑えることができるんです。

重要な「BAフライト」について

BA修行で、上級会員になるために必要な
 
BAフライトに4回搭乗
 
という条件ですが、ここでいう「BAフライト」とは、

・British Airways(フランチャイズ航空会社およびBA CityFlyerを含む)が運航するフライト
・他の航空会社が運航するBAコードシェア便
・IBフライト番号でIberia(フランチャイズ航空会社を含む)が運航するフライト
(BAホームページより)

となり、例えばJL国内線でBA便名が付いているコードシェア便でも、1回としてカウントされます。
 
HND – ITM : JL116便のBA4630便とかです。
 
 
ただし。
 
 
このBA便名が付いている便は、国内線単体では購入することができません。
 
 
そして航空券を購入する際も、「JL116便」ではなく、「BA4630便」として購入しなければ、1回の「搭乗」としてカウントされないんです。
 
BAサイトでは検索結果として表示はされるものの、選択をするとエラーとなり、運賃が表示されません。
 
これはなぜかというと、
 
JLとの共同運航便については国際線乗り換えのフライトとして、国際線と一緒に購入しなければいけない
 
という運賃になっているからです。
 
サイトではダメだけど、コールセンターだったらOKか?とちょっと疑問に思ったので、BA4630便を
 
・BA便名として、
・単独で購入できるか
 
確認するべく、
 
・日本のBAコールセンター
・イギリスのBAコールセンター
 
両方に聞いたのですが、どちらも「不可」という回答でした。
 
厳密に言うと、イギリスのBAコールセンターでは国内線単独で予約はできたんですが(結構食い下がって)、旅程を見たらJL便だったのですぐキャンセルしました^^;
 
なので、このBAフライトをどう消化するかがカギになってきます。
 
単純に、
 
・日本国内(HND/NRT以外)から東京(TYO)乗り換え -> ロンドンの往復
 
か、
 
・東京(TYO) -> ロンドン(LON)乗り換えでイギリス国内、またはヨーロッパの都市
 
に搭乗すれば4区間達成するのですが、ここは工夫のし甲斐があるところです。
※この辺りはまた別の機会に

修行はいつから始めたらよいのか

ティアポイントの加算はいつからスタートするんでしょうか?
 
多くの航空会社は、暦年(1/1 – 12/31)ですが、BAの場合はファーストフライトを加算した時点で、メンバーシップ年度がスタートします。
 
つまり、アカウントを開設しただけでは、メンバーシップ年度は始まりません。
 
ちなみにこれは、特典航空券のフライト(ティアポイント : 0)も含まれます。
 
メンバーシップの日付はファーストフライトのティアポイントが加算された時点で固定され、変更することはできません。

なので、これからBAの会員になる場合、いつでも好きな時に始めることが可能です。
 
そして、次のランクに必要なティアポイントが貯まり次第、資格がアップグレードされます。
 
自分の場合は10月がメンバーシップ年度の開始月なので、とりあえず今年は10月までにBAシルバー(= ワンワールドサファイア)に必要な資格取得を目指しています。
 
そして、必要な600ティアポイント分のフライトは確保しました(持ち出しはJPY55,000くらい)。
 
6月にイギリスへ帰省する際、短い期間ですが無理やりBAフライト4回搭乗を達成したいと思います。
 
そのため急きょ、特典航空券でビジネスクラスに搭乗する予定だったLBA – LHRの往復もキャンセルして、
 
LHR – LBA
 
のビジネスクラスを改めて購入し、座席確保しました。
(予約時GBP128だった価格が、予約後GBP280に跳ね上がってました!ラッキー 🙂 )
 
残り3回についてもフライトは確保したんですが、どの路線なのかは今後のお楽しみ、ということで 😉
 
基本的にイギリス国内線は、ティアポイント(TP)単価は良くないです。
 
ただ、搭乗することに意義があるので、今回はTP単価は無視。
 
そして、2017年10月からは、1年間かけてBAゴールドメンバーを目指すことになります。
 
その積み重ねが、ライフタイム・ゴールドメンバーシップ獲得への道となります。
 
果てしない挑戦ですが、楽しみながらこなしていきたいと思います! 🙂

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)