アメリカン航空(AA)の新しいビジネスクラスシート

アメリカン航空(AA)の新しいビジネスクラスシート

アメリカン航空(AA)は、2024年に新しいビジネスクラスとプレミアム・エコノミー・シートを導入し、既存の航空機にも新しいプレミアム・キャビンを導入することを発表しました。
 
どのような機材が導入されるのか、紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AAの新しいシート

AAは2024年に長距離路線用ボーイング B787-9ドリームライナーと新型機エアバス A321XLSの納入を開始する予定ですが、今回、両機種に「フラッグシップスイートシート」と新しいプレミアムエコノミー席が導入されることが確認されています。
 
フラッグシップスイートシートは、プライバシードア、長椅子タイプの座席オプション、より広い個人用収納スペースを備えた座席です。
 
現在、AAの既存の787-9ドリームライナーには、ビジネスクラスが30席、プレミアムエコノミーが21席ありますが、2024年に納入される航空機では、それぞれ51席、32席に増加する予定です。

また、AAは最初のA3231XLRの納入を開始します。
 
この機材は、大西洋横断の短距離路線に配置される予定です。
 
このA321XLR型機のビジネスクラスには新たに20室のフラッグシップ・スイートが導入されるとのことです。
 
このプレミアムエコノミーシートのサイズは航空会社から発表されていますが、おそらく現在のアメリカン航空のプレミアムエコノミーシートと同様のサイズになると考えてよいでしょう。

既存機体もリフレッシュ

AAの既存の航空機の一部も改装される予定です。
 
現在運航しているボーイング B777-300ER型機20機は、2024年後半からすべて新しいフラッグシップ・スイートになり、ビジネスクラスの座席数は52から70に増加する予定です。
 
また、777型機のプレミアム・エコノミーの座席数は28席から40席に増加し、大幅に拡大される予定です。

まとめ

各航空会社が新しい機材を色々と発表する中、AAも新しい機材の発表を行いました。
 
エアバスのA350もB787-9も、今はスライド式のドアを導入して個室感を出すのがトレンドのようです。
 
とは言え、客室乗務員や一般の搭乗客も、受けから覗くことができてしまうので、完全にプライバシーを確保できる訳ではありません。
 
自分は恐らく、乗ることはないと思いますが・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA