ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のボーイング B757機材リース運航

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のボーイング B757機材リース運航

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、ロンドン・ガトウィック空港(LGW)からのフライトを運航するために、イギリスのタイタンエアウェイズ(ZT)からチャーター機をひそかにリースしています。
 
これは、LGWでイベリア航空(IB)からリースされている航空機、およびヒースロー空港(LHR)ターミナル3からの短距離フライトを運航するためにフィンエアー(AY)からリースされている航空機に追加されるものです。
 
ZTがフライトを運航している場合でも、クラブ・ヨーロッパ(ビジネスクラス)は提供されるようです。
 
ZTが提供する機材がなかなか珍しい機材なので、紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ZTについて

タイタンエアウェイズ(ZT)はロンドン・スタンステッド空港(STN)をハブ空港とするイギリスの航空会社で、世界各地へのチャーター便と定期便を運航しています。
 
ZTがBAにリースしているボーイング B757機材は、2004年10月に生産が終了し、ボーイング社は後継機としてのB737NG機材を提供しています。
 
B757機材を運用している航空会社は、そんなにありません。
 
ZTは少なくとも1機のボーイング757をBAにリースしています。
 
リースの形態はウェットリースなので、機材も客室乗務員もZTのものを利用します。
 
ZT運行の場合でも、好みの座席を指定できます。
 
A320機材などと異なり、「ちゃんとした」ビジネスクラスのシートです。

まとめ

リースに関するBAの発表はこちらです。
 
https://www.britishairways.com/en-gb/information/flight-information/long-haul-schedule-adjustments
 
ZT機材でのフライトは主にヨーロッパ内の短距離線で運航されているようです。
 
どの路線で利用されているのかは明らかになっていませんが、運が良ければ、ヨーロッパ内を旅する場合にZT機材で乗ることができるかもしれません。
 
世界的にも珍しい機材での運航なので、一度搭乗してみたいですね。
 
ただ、BAは機材を調達している割には、フライトのキャンセルが結構あるような氣がしています。
 
現に自分も、家族での移動で既に1つキャンセルにされています。
 
これ以上、キャンセルがありませんように・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA