ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)短距離路線向け機材の機内WiFiが搭載完了

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)短距離路線向け機材の機内WiFiが搭載完了

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は以前から、機内WiFiの搭載を行ってきました。

Screenshot機内WiFi設備を搭載しているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の機材まとめ(長距離機材編)

機内WiFi設備を搭載しているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の機材まとめ(長距離機材編)
Screenshot機内WiFi設備を搭載しているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の機材まとめ(短距離機材編)

機内WiFi設備を搭載しているブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の機材まとめ(短距離機材編)

だいぶ遅れていましたがようやく、搭載予定だった短距離路線全ての機材にWiFiが搭載されました。
 
改めて、BAの機内WiFiについて紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

BAの機内WiFi

BAが利用しているネットワーク回線業者は、Inmarsatという会社です。
 
短距離路線で利用されている機材はエアバスA320がメインで、フライト時間も長くて3時間弱。
 
それでも、フライト中にインターネットを利用した仕事ができるのは個人的には嬉しいです。
 
日本においても、主に基幹路線で機内WiFiが利用できるのはとてもありがたいですよね 😉
 
個人的には、早くJ-AIRも機内WiFiサービスが開始されるのを首を長くして待っています。

まとめ

ヨーロッパの他の航空会社においては、機内WiFiが利用できる航空会社は既に何社かありました。
 
BAもやっと本格的に機内WiFiが利用できます。
 
これでやっと、WiFiスピードチェックができます 🙂
 
なかなか快適に使えるらしいので、実際に利用するのが楽しみです!
 
ただ、2021年1月現在、BA自体があまり運航していない状況なので搭乗自体が難しいので、今年のBA4区間はどうしましょうかね。
 
ローガンエア(LM)ともコードシェアの提携を強化し、サウザンプトン(SOU)発着の路線でBA便が付くようになり、ロンドン(LHR/LGW)発着以外のフライトも充実しつつありますが、今はタッチでもしないとイギリス入国は大変です。
 
スペイン初上陸するか・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea