Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF570(パリシャルルドゴール(CDG) – カイロ(CAI))

Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF570(パリシャルルドゴール(CDG) – カイロ(CAI))

パリ(CDG)から目的地のカイロ(CAI)へ行く際、エールフランス航空(AF)のビジネスクラスに搭乗しました。
 
機内のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AF570搭乗記

成田(NRT)からドバイ(DXB) -> ヨハネスブルク(JNB) -> パリ(CDG)と乗り継いで、これが目的地への最後のフライト。
 
ラウンジで長時間滞在して、ようやくフライトです。

ScreenshotLounge Review : パリ・シャルルドゴール空港(CDG) エールフランス航空(AF)ラウンジ(ターミナル2E) ファーストクラススペース

Lounge Review : パリ・シャルルドゴール空港(CDG) エールフランス航空(AF)ラウンジ(ターミナル2E) ファーストクラススペース

今回のフライト、本来であればエアバス A350での運航予定でしたが、直前にまさかの機材変更。
 
AFのA350路線ということで、敢えて目的地をカイロにしたのに。
 
機材変更をラウンジで知り、しばらく動けませんでした・・・。


時間が来たので搭乗ゲートへ向かいます。

座席

変更された今回の機材は、エアバス A330-200。

機材登録番号は、F-GZCH
 
2002年から運用されている機材ですが、シートが新しくなっていたためあまり古さは感じませんでした。
 
ビジネスクラスの座席は、こんな感じ。

シートですが、2-2-2の配列です。
 
隣に人がいなければ、これはこれでありですね。
 
足元の広さは、このくらいです。



エンタテインメントのリモコンは、親指でポインタをグリグリ操作するタイプのものです。

先端に、目的地までの残り時間が表示されます。



電源もあります。

偉い人の挨拶も、もちろんありました。
 
ウェルカムドリンクとしてポートワインをいただいてみました。


参考価格は、こちら。

今回は右側の座席に座りましたが、離陸した後CDGが綺麗に見える航路でした。
 
こちらがターミナル2で、

こちらがターミナル1。

機内WiFi

機内WiFiもありますが、今回は利用しませんでした。

食事(VGML)


食事のメニューです。

こちらが、飲み物のメニュー。

シャンパンをいただいてみました。


予めリクエストしておいたヴィーガンミールは、こんな感じです。

シャンパン、白ワイン

シャンパンと白ワインのメニューはこんな感じです。


それぞれの参考価格は、こんな感じ。


CAI着


4時間くらいのフライトで、カイロ(CAI)に着きました。
 
今回のフライトではなんと、座席にメッセージカードが置いてありました。

もちろん内容は形式的なものですが、「あなたの我が家」へお迎えできて嬉しいです、という表現。
 
いちいち憎らしい表現です 🙂
 
まさかAFでメッセージカードをもらえるとは思わなかったので嬉しかったです。
 
やっぱり、フランス流のおもてなしは好きですね。
 
付かず離れず、ちょうど良い距離で接してくれます。
 
この距離感、見習いたいもんです 🙂
 
 
機材変更という絶望感を味わいましたが、それを補うくらいのおもてなし、シートでした。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea