Business Class Review : ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA903 フランクフルト(FRA) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A380

Business Class Review : ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA903 フランクフルト(FRA) – ロンドンヒースロー(LHR) エアバス A380

2021年初のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)搭乗は、運航再開したばかりのエアバス A380で。
 
そのために、苦手なフランクフルト(FRA)へ行きA380に乗ってきました。
 
そのレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

BA903搭乗記

FRAまでは、パリ(CDG)からエールフランス航空(AF)を利用。
 
何かと相性の悪いドイツ入国ということで何か嫌なことが起きないかと怯えながら飛行機を降りましたが、やっぱり起きました。
 
まず一つ目、荷物受け取り時にスーツケースの持ち手が片方取れていました。
 
これがテリーマンの靴の紐と同じような災いをもたらします。

続いて、チェックイン。

乗り継ぎには十分な時間がありましたが、乗り継ぎ地のイギリスおよび目的地のオンラインフォームに記入をしなければいけないということで時間を取られました。

さらに、出国手続きにおける長蛇の行列。
 
なんと、この時期に人民の方々が大行列をなしていました。
 
久しぶりの光景を、因縁のドイツで見てしまいました・・・なんというタイミングでしょう。
 
さらにさらに。
 
行列を待ってはいられないので、その辺に突っ立っているスタッフに搭乗まで時間がない旨伝えると、非常にわかりづらいファストトラック的なレーンを指し、ここから行けと冷たい態度で言われました。
 
そして、ようやく手続きが自分の番になったかと思ったら、急にシャッターが閉められました。
 
搭乗まで時間がないのになんでこんなことをするのか、全く意味がわかりません。
 
搭乗券を見せて、急いでいるから手続きしてくれ、と言ってなんとか出国手続き完了。
 
靴紐は、わずかにつながっていました。

きっと自分にも、救世主(メシア)が現れてレッグラリアートを見舞ってくれたのでしょう。

なんとか、搭乗には間に合いました。

そして、機材も予定通りのエアバス A380。


わずか数時間の間に、これだからドイツは・・・と一言では片付けられないようなことが一度にやってきました。
 
やっぱりドイツはニガテです。
 
できることなら、乗り継ぎでも利用したくありません。
 
本来であれば日本航空(JL)のサクララウンジを利用する予定でしたが、そんな時間もなくすぐにゲートへ向かったので、行けずじまい。
 
こればかりは、「またくればいい」とは思えません。
 
もしかしたら、一生利用することがないかもしれません^^;

機材、座席、中の様子

2年ぶり2回目のBAエアバス A380です。

機材登録番号は、G-XLEF

2014年から利用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。



「つ」のエンブレムが輝きを取り戻しました。

懐かしいスタッガードシートで、今回自分は後ろ向きの席に座ります。

靴を入れておくスペースです。


足元の広さは、このくらいです。

各種コンセントも揃っています。

スタッガードのお見合い座席の氣まずさを隠すための仕切りと、座席を調節するパネル。


エンターテインメントシステムのリモコンです。

足を乗せるための「パタン」シートも健在。





真ん中席の頭上にも荷物入れがあります。

モニタの大きさは、このくらい。

エンターテインメントシステムのコンテンツは、同じIAGグループということでイベリア航空(IB)とほぼ同じです。



ちゃんとしたヘッドフォンも配られます。

客室乗務員の方に撮っていただきました。

食事(VGML)

あらかじめリクエストしておいた、ヴィーガンミールはこんな感じです。

シャンパンもいただきました。

参考価格です。

機内WiFi

有料ですが、WiFiも利用できます。
 
BAWi-FiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

支払いを済ませれば接続完了です。



通信速度計測結果


上り 18.03Mbps
下り 2.81Mbps
 
切れることなく、安定して問題なく使えました。

機内ツアー

今回は、BAのA380運航再開を記念して、フライト中に1階から2階を回って戻ってくるという特別の機内ツアーが行われました。
 
もちろん自分もついて行き、説明を聞きました。
 
まずは、1階前方のファーストクラスシートです。


2階への階段。

2階のビジネスクラスシートです。



こちらは、プレミアムエコノミークラスシート。

どうやら2022年以降、A380の2階部分を全て最新シートの「Club Suite」にリニューアルする計画があるようです。

ということは、BAはまだまだA380を利用し続けるつもり、ということですね。
 
これからますますBA修行が楽しみになります 🙂

LHR着


1時間ちょっとのフライトで、ロンドン(LHR)に到着しました。
 
機内ツアーと、LHR着陸時の動画を収めてみました。

ドイツで大変な目に遭いましたが、全体的にはとても素敵なフライトとなりました。
 
2021年12月以降、長距離線でA380が戻ってきます。
 
また計画を立てて、搭乗したいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA