Business Class Review : キャセイパシフィック航空(CX) CX527 成田(NRT) – 香港(HKG) Airbus A350-1000

Business Class Review : キャセイパシフィック航空(CX) CX527 成田(NRT) – 香港(HKG) Airbus A350-1000

成田(NRT)から香港(HKG)まで、キャセイパシフィック航空(CX)のフライトに搭乗しました。
 
新しい機材・エアバス A350-1000のビジネスクラスに乗ることができたのでそのレビューです。

Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)のエアバス A350-1000 就航路線まとめ(2019年1月版)

キャセイパシフィック航空(CX)のエアバス A350-1000 就航路線まとめ(2019年1月版)

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

CX527搭乗記


今回はプレミアムエコノミークラスで予約をしていたのですが、チェックイン時に
 
本日プレミアムエコノミークラスは満席のご予約をいただいておりますので・・・
 
というありがたいお言葉と共に、ビジネスクラスにアップグレードしてもらいました 🙂
 
関空(KIX)路線は結構アップグレードされやすい、という話は聞いたことがあったのですが、NRTでもアップグレードしてもらえるとは思いませんでした 😀
 
ありがたく搭乗券をもらって、出国審査完了後ラウンジへ向かいます。

今回は、アメリカン航空(AA)のラウンジに行ってみました。

ScreenshotLounge Review : 成田空港(NRT) アメリカン航空 (AA) Admirals Club

Lounge Review : 成田空港(NRT) アメリカン航空 (AA) Admirals Club

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

「ゾロマスク」が見えてきました。

ScreenshotなぜエアバスA350の窓は黒いサングラスのような「ゾロマスク」なのか

なぜエアバスA350の窓は黒いサングラスのような「ゾロマスク」なのか

座席

期せずして搭乗できることになった、CXのエアバスA350-1000です。

座席は、こんな感じ。



機材登録番号は、B-LXB
 
2018年8月に稼働したばかりの新しい機材です。

エンターテインメントシステムと座席のコントローラーはこんな感じです。


シートは、座席のツマミを捻ることで調整できます。

小物入れの中に、ユニバーサル仕様のコンセントとUSBポートがあります。

ヘッドフォンは、ノイズキャンセリングではありません。
 
WiFiも利用できますが、有料だったので今回は利用しませんでした。

食事

食事のメニューです。

ウェルカムドリンク(トマトジュース)と、おつまみ。

昼間の便なので軽めのメニューです。


名物のチーズ盛り合わせと、

アイスクリームをいただきます。

HKG着

ジョニーイングリッシュがあったので見てました。
 
日本語版がなかったので、英語字幕を拾いながら見ていたら何だかんだであっという間にHKG着。
 
今回はブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の修行とヴァージン・アトランティック航空(VS)の修行のためヨーロッパへ行く予定だったので、この後更に乗り継ぎをしました。
 
 
A350-1000も斜め向きの座席ですが、やっぱりエアバスは好きだなぁ。
 
ボーイングにもボーイングの良さがありますが、今のところテンションが上がるのはエアバスの方ですね 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)