Business Class Review : エティハド航空(EY) EY873 ソウル仁川(ICN) – アブダビ(AUH) エアバス A380

Business Class Review : エティハド航空(EY) EY873 ソウル仁川(ICN) – アブダビ(AUH) エアバス A380

ソウル仁川(ICN)からエティハド航空(EY)を利用してアブダビ(AUH)へ行きました。
 
EYのエアバス A380がICN線に就航することがわかり、早速予約を入れたフライトに乗ってきました。

Screenshotエティハド航空(EY)のA380ファーストクラスがソウル仁川(ICN)にやってくる!(2019/7/1から)

エティハド航空(EY)のA380ファーストクラスがソウル仁川(ICN)にやってくる!(2019/7/1から)

搭乗した機材や中の様子をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EY873搭乗記

本来、ICNへは成田(NRT)から向かう予定でしたが、折からの台風でNRT発のフライトが欠航となる可能性があったため、出発の2日前くらいからCTS発の予約して、ICNターミナル2に着きました。


EYの搭乗ゲートは、ターミナル1。

電車に乗り、途中のConcourseで電車を乗り換えてターミナル1へ向かいます。



オンラインチェックインをしていたので、セキュリティチェックを終えてそのままラウンジへ。
 
EYの招待ラウンジは、アシアナ航空(OZ)のビジネスラウンジ(West)です。

CentralやEastのラウンジへ行っても、「Westへ行け」と言われるのでどうぞご注意を。

Screenshotソウル仁川空港(ICN) アシアナ航空(OZ)ビジネスラウンジのWifiスピードチェック

ソウル仁川空港(ICN) アシアナ航空(OZ)ビジネスラウンジのWifiスピードチェック

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。


機材、中の様子

今回の機材はもちろん、エアバス A380-800です。

機材番号は、A6-APA
 
2014年から運用されている、EYが保有しているA380機材の中で最も古い機材です。

座席

座席は、こんな感じです。






ビジネスクラスとファーストクラスの間に、お酒を飲みながらくつろぐスペースがあります。








シートを調整するボタンは、結構シンプルです。

座席の下に電源があります。

ウェルカムドリンクの、キャロットジュース。

ICN発なので残念ながらレモンミントはありませんでした。
 
テレビのモニタは、このくらいの大きさ。

エンタテインメントのリモコンです。

座席横に、ノイズキャンセリングのヘッドフォンが入っています。

トイレは、こんな感じ。

機内WiFi

機内WiFiが有料で利用できます。

EDIHAD WI-FLYというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
選択後、ブラウザを開くと以下のような画面が表示されます。


プランを選んで、支払いをします。

クレジットカードかペイパルで支払うことができます。



最後に以下の画面が表示されれば接続完了です。

通信速度計測結果


上り 25.96Mbps
下り 0.15Mbps
 
容量に対する金額がちょっと高めでしたが、結構快適に利用できました。

食事

メニューです。


食事は、こんな感じです。


こちらが、軽めの朝食。

AUH着


約10時間で、AUHに着きました。
 
窓から、別のEY機材が見えました。

降りてから、もう一度。

降りるときに、入国審査のファストトラックバウチャーをもらえます。

入国後、アライバルラウンジを訪れてちょっとのんびり。

ScreenshotLounge Review : アブダビ空港(AUH) エティハド航空(EY)アライバルラウンジ(Arrivals Lounge)

Lounge Review : アブダビ空港(AUH) エティハド航空(EY)アライバルラウンジ(Arrivals Lounge)

その後は、滞在予定のホテルへとタクシーで向かいました。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea