Business Class Review : エア・セルビア(JU) JU315 パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – ベオグラード(BEG)

Business Class Review : エア・セルビア(JU) JU315 パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – ベオグラード(BEG)

所用でセルビア共和国へ行くことになりました。
 
本来であれば別の目的地へ行く予定だったのですが、急遽の目的地変更。
 
その際に、エア・セルビア(JU)に初めて搭乗したので、フライトレビューです。
 
​​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

JU315搭乗記

CDGにおけるJUのターミナルは2Aです。
 
セルビアへ入国するにはPCR検査の陰性証明が必要ですが、CDGのPCRセンターはターミナル2Eにあります。
 
2Aと2Eは歩いて移動ができますが、それでも10分くらい歩きます。
 
PCR検査を空港で済ませチェックインを行いますが、JUのサイトでオンラインチェックインも可能で、搭乗券バーコードも発行できます。
 
早めに出国手続きを済ませることができますが、なんとCDGにはJU招待のラウンジがありません。
 
2Aにはいくつかラウンジがあるので、ダメ元で行ってみましたが・・・。

やっぱりダメでした。
 
しょうがないので、ゲート近くのカフェで軽く食事を摂り、テーブルで待つことにしました。
 
ちなみに、CDGの2Aにはプライオリティ・パスで利用できるラウンジもありません。
 
スカイチームメンバーの招待ラウンジや、エミレーツ航空(EK)のラウンジはありますが、例えエールフランス航空(AF)の共同運航便としてJUに搭乗する場合でも、これらのラウンジは使えません。
 
CDGからJUに乗るときは、ちょっと覚悟が必要です^^;
 
そんなこんなで時間が来たので、ゲートへ向かいます。

機材、中の様子

今回の機材はエアバス A319です。

機材登録番号は、YU-APD
 
2004年から運用されている機材です。

座席

座席は、こんな感じ。

ヨーロッパ内のビジネスクラスなので、座席はエコノミークラスと同じです。
 
足元の広さも、こんな感じです。

トイレには、JUのロゴが入ったアメニティがありました。

ビジネスクラス搭乗客は、自分含め2名でした。

食事

ちゃんと食事も出てきました。
 
メニューと、



食事です。

なぜか、客室乗務員の方がペットボトルの水をコップに注いでくれました。

美味しくいただきました。

WiFi接続方法

残念ながらJUの当該機材では機内WiFiは利用できません。

BEG着


2時間くらいのフライトで、BEGに付きました。
 
機内ではほとんど何もすることがありませんでしたが、サービス・食事共に及第点かなと思います。
 
BEGは雪が積もっていました。
 
空港は今工事中ということで、あちこちにシートがかかっていました。
 
セルビアは空港が新しくなったタイミングで、EUに加盟するんでしょうかね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA