Business Class Review : SQ618(SIN – KIX) Boeing B787-10

Business Class Review : SQ618(SIN – KIX) Boeing B787-10

シンガポールでの滞在を終え、日本へ戻るフライトです。
 
シンガポールへから関空(KIX)へは、シンガポール航空(SQ)のフライトです。
 
新しい機材へ搭乗できるということで楽しみにしていたのですが、そのレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

SQ618搭乗記

チェックインと出国審査

空港に着き、ターミナル3のシンガポール航空(SQ)のチェックインカウンターへ向かいます。

出国手続きを済ませ、ラウンジへ向かう前に、ちょっとお土産を買いました。

SQシルバークリスラウンジ

ラウンジは、SQビジネスクラス利用客が入ることのできるシルバークリスラウンジを利用しました。

Screenshotシンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル3 シルバークリスラウンジのWifiスピードチェック

シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル3 シルバークリスラウンジのWifiスピードチェック

機材、中の様子

時間が来たので、ラウンジを出て搭乗ゲートに向かいます。

SQの中では、スターアライアンスゴールドはエコノミーと同じ扱いのようです。


機内は、こんな感じです。

今回は家族旅行なので、バシネットが利用できる場所に座りました。

座席と窓の間に挟むような感じでした。
 
今回の機材は、ボーイング B787-10です。

今回の旅の目的の一つである新機材搭乗だったわけですが、まだわずかに新車の匂いならぬ「新機材の匂い」がしました 🙂
 
中の様子を動画に収めてみました。

座席

今回の座席は、真ん中の通路側12Fです。

座席は、こんな感じです。

足は伸ばせますが、足を入れるボックスが狭く感じました。

座席の右についているボタンと、

左側の座席を調整するパネルです。

ぱっと見真っ黒ですが、タッチをすると表示が出て来ます。

ちょっと見にくいですが、USBポートが2つ付いています。

こちらが、エンターテイメント用のリモコン。

ヘッドフォンは、ノイズキャンセリングです。

アメニティグッズです。

食事

ウェルカムドリンクと、

メニューです。


離陸後すぐに食事をするか、着陸2時間前に食事をするか選べるので後者を選択したんですが、その際に
 
寝ていたら起こさないでください
 
と伝えて、そのまま着陸の直前まで寝てしまったので、今回は食事はなしです^^;
 
代わりに、妻が撮ってくれたヴィーガン向けの食事の写真をどうぞ。

機内WiFi

今回の機材は機内WiFiが利用できました。

さすが新しい機材ですね。
 
ちなみに、ビジネスクラス搭乗者は30mbまで無料で利用できます。
 
KrisWorldSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

次に表示される画面で、画像に書いてある英数字を入力します。






Complementary Wi-Fi Access下の”CLICK HERE”をクリック(タップ)します。







以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 7.31Mbps
下り 0.70Mbps
 
速さはやっぱりそれなりです。
 
メールチェックくらいならできるかな、という感じでした。

KIX着

フライトは6時間くらいなので、寝ているとあっという間に着いてしまいます。

ブッキングクラス、マイレージ

搭乗したブッキングクラス : I
獲得したマイレージ数 : 0
 
今回のフライトは結構楽しみにしていたのですが、頭の周りを囲われてしまったのでちょっと狭く(窮屈に)感じてしまいました。
 
それでも、離陸はいつしたのかな、というくらいスムーズなテイクオフ。
 
機材のおかげですかね。
 
更に、食事が採れないほどぐっすり眠ってしまったのが残念でなりません。
 
今回のフライトは、マイレージを利用して家族3人分のビジネスクラス座席を予約しました。
(INFは別に支払います)
 
SQのビジネスクラスを3席予約するにはちょっとコツがいるのですが、それはこの記事の中で述べています。

Screenshot特典航空券を利用して家族旅行でも優雅にビジネスクラスで旅をしましょう

特典航空券を利用して家族旅行でも優雅にビジネスクラスで旅をしましょう

トップ画像のようなクマのぬいぐるみをもらったのですが、コンラッドといいSQといい、どうしてこんなにクマが好きなんでしょう・・・^^;

Screenshotヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#2(コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore))

ヒルトン・ダイヤモンドステータスチャレンジ#2(コンラッド センテニアル シンガポール(Conrad Centennial Singapore))

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)