Business Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK2320/TK2327 イスタンブール(IST) – イズミール(ADB)往復

Business Class Review :  ターキッシュエアラインズ(TK) TK2320/TK2327 イスタンブール(IST) – イズミール(ADB)往復

仕事のためトルコ国内を移動しましたが、その際はターキッシュエアラインズ(TK)の国内線に搭乗しました。
 
TK国内線のビジネスクラスレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

TK2320搭乗記

朝、ホテルから空港までタクシーを利用し、国内線チェックインカウンターへ向かいます。


ビジネスクラスのカウンターでチェックイン。

2020年7月現在、TKでは通常機内に持ち込めるサイズのスーツケースであっても持ち込み不可となっています。
 
預けたくないスーツケースだからいつも機内に持ち込んでいるのですが、今回は止むを得ず預けることに。
 
そのため、事前に用意しておいた仙台市のゴミ袋(大)にスーツケースを入れ、預けました。

セキュリティチェックを済ませ、ラウンジへ向かいます。

TK国内線のラウンジのラウンジレビューです。

ScreenshotLounge Review : イスタンブール空港(IST) ターキッシュエアラインズ(TK)ラウンジ(国内線)

Lounge Review : イスタンブール空港(IST) ターキッシュエアラインズ(TK)ラウンジ(国内線)

時間が来たので搭乗ゲートへ向かいます。


座席

今回の機材は、ボーイング B737-900ER。

機材登録番号は、TC-JYO
 
2015年から運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。




座席は、アナログボタンで調節します。

リモコンも、旧式です。

マスクなどのキットを配られました。

電源もあります。


機内食はなく、配られたのは水のみ。

ADB着

1時間くらいのフライトで、ADBに着きました。
 
荷物が出てくるまでにちょっと時間がかかりましたが、イズミールのクライアントにくるまで迎えに来てもらい、ランチ -> オフィスで打ち合わせ。

イズミールにて

イズミールは、トルコ南部の貿易都市です。

人口は約500万人で、トルコ第3の都市です。
 
空港から市内までは、車で30分くらい。
 
クライアントに、エーゲ海を一望できるシーフードレストランに連れて行ってもらいました。

海の向こうは、ギリシャです。

食事の後クライアントのオフィスへ行き、とても実りあるミーティングを行った後クライアントが「ここへ連れて行かずに返すわけにはいかない」とイズミールの街並みを一望できる丘の上へ連れて行ってくれました。

訪れたのは夕方でしたが、時間によってもっと綺麗な景色を見ることができると思います。

TK2327搭乗記

収穫のある打ち合わせを終え、クライアントにADBまで送ってもらい再びスーツケースを預けます。

残念ながら、ADBのラウンジは閉まっていました。
 
ゲート近くで待ち、機内に乗り込みます。

座席

今回の機材は、ボーイング B777-300ER。

機材登録番号は、TC-JJZ
 
2015年から運用されている機材です。
 
国内線でこの機材は、とても贅沢ですね。

この時期ならではの機材繰りだと思いますが、ビジネスクラスの搭乗客は10名程度でした。
 
座席は、こんな感じ。


座席を調節するパネルです。

リモコン。

ちゃんと電源も付いています。


モニタです。

客室乗務員の一人が日本語を話せる人で、日本語で話しかけられました。
  
食事はなしで、お水だけの提供です。

IST着

1時間くらいのフライトで、ISTに戻ってきました。
 
今回も沖停めだったので、バスでターミナルに移動します。

まとめ


イズミールの滞在は数時間でしたが、とても素敵な街でした。
 
またミーティングで来ることもあると思うので、今度はゆっくり滞在したいと思います。
 
今回訪れた目的・取り組みは、そのうちお話しできると思います。
 
どうぞお楽しみに 😉
 
またISTからラウンジ、ADB到着までの様子を動画に収めたのでぜひご覧ください 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea